マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

宝塚記念2018・クソ予想。ついに始まる俺の競走馬人生

      競馬予想

今回人気上位に支持されているG1ホースたちは、間隔も開いているし凡走後であったりして走れるタイミングにあるだろうと思われます。しかし怪しい。

今回に限っては、「しかし怪しい」馬たちをわざわざ擁護する必要はないのではないでしょうか。

伏兵馬にも、「あわや」を期待させる馬は多数。しかし、年齢の壁、格の壁が立ちはだかりますので、これもサヨウナラ。

これで、あっとう間に買うべき馬が絞られます。

スポンサーリンク

宝塚記念の予想

◎ダンビュライト
◯ゼーヴィント
▲パフォーマプロミス

格の壁、年齢の壁をギリギリ超えているこの3頭。走れるタイミングであり、相性の良い血統であり、勝負できる鞍上でもあります。他の馬は、みんなダメです。残念ながら……。

ところで、最後の直線の最後の最後、ゼーヴィントとパフォーマプロミスは先頭に立てるのでしょうか?

けっこう長い時間考えたのですが、それは苦しいと思いました。

もっと言えば、今回の怪しみ全開のメンバーで、最後にビシッと決められるやつなんていないと思うのです。

なんだかんだ言ってもG1ですから、死闘になります。前に出るのは大変です。

だったら、直線のはじめから先頭に立っているであろうダンビュライトが一番確率が高そいと思います。

これまでの走りを見ていると、どうせ最後には誰かに交わされるんでしょ?的な雰囲気が充満しています。

しかし、そんな馬がいつもと違う姿を見せるのが宝塚記念というレースなのではないでしょうか。

今日、阪神競馬場でダンビュライトの競走馬人生がようやく正式にスタートします。今までのは、ウソです。

万が一ダンビュライトが誰かに交わされるとしたら、それはゼーヴィントかパフォーマプロミスのはず……です。

気が変わらないうちにさっさと馬連とワイドのBOXを買って楽しみたいと思います。

スポンサーリンク