マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

京王杯スプリングカップ_2018・クソ予想。

      競馬予想

◎シュウジ
◯グレーターロンドン
▲ダンスディレクター
☆テオドール
△ウインガニオン
△セイウンコウセイ
△ビップライブリー

京王杯スプリングカップ。過去の傾向

前走1200mで馬券になっているのは高松宮記念組のみ。1400mは阪神カップから休み明けのロサギガンティアだけ。できれば距離短縮のローテーションが好ましい模様です。

1600mからの馬でも、のんびりマイラーはあまり良くなくて、どちらかというとせわしないタイプのほうが期待できそうな雰囲気があります。つまりは1400m以下でそれなりに走っていた馬のほうが良さげであるということです。

しかし、今年のメンバーだとかっちり当てはまる馬はいません。いや、いるんですけどみんな人気馬です。例外だけど魅力的な馬を狙うか、手堅く傾向通りの人気馬を狙うかは迷いどころ。あとは神様にお願い。

◎シュウジが1番それっぽい馬。東京コースの実績がないし、今回短縮なのに前走最後方からなので追走が大変になりそうでちょっと苦しいです。しかし、前々走の阪急杯は6着とはいえ僅差だったので、まだまだ重賞レベルでもやる気はあると思われます。あとは細かいことはすべて吹き飛ばすであろう短縮パワーで頑張ってもらいましょう。

未知の魅力で☆テオドール。中途半端に長い距離よりも一気に駆け抜ける1400mのほうが良さげ、前走の走りなら重賞でも足りる。あとは馬が「あれ?このスピード感、なんかいい!」と思ってくれたら。

グレーターロンドンとダンスディレクターは広いコースでゆったり構えられるはずなのでなんだかんだで良いパターン。するする前にいけるであろうウインガニオンとセイウンコウセイはローテーションで合格しているのでおさえる。

あとはビップライブリーは東京1400m得意な上に、阪神カップやオーシャンSで惜しい感じなので、十分圏内。

スポンサーリンク