マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

函館スプリントステークス2018&ユニコーンステークス2018・クソ回顧。

      競馬回顧

日曜は重賞2つとも不発。平常運転に戻りました。

宝塚記念の前に、来年にむけてしっかり復習をしておきます。

スポンサーリンク

函館スプリントステークス結果

1着_セイウンコウセイ
2着△ヒルノデイバロー
3着_ナックビーナス
4着◎アドマイヤゴッド
5着▲タマモブリリアン

予想としては悪くないように見えても馬券としては非常にまずい結果でした。

セイウンコウセイとワンスインナムーンの逃げ争い。「今日はセイウンコウセイが前に出る」ということを予見できないとダメなのだと思います。

セイウンコウセイが逃げたからこそこの上位3頭なのであり、もしワンスインナムーンが逃げていたらアドマイヤゴッドは届いていたのでは……などと想像するのは楽しいですが、パラレルワールドはありません。意味のない想像です。馬券を当てるというのはそういうことなんだよなあ、と改めて思い知らされます。

◎アドマイヤゴッドは自分自身のしごとはきっちりやりました。今日の流れで綺麗さっぱり差し切るのであればもっと人気になっているし、その前に重賞を勝っているでしょう。「キーンランドカップで改めて」というのはあまり良い手ではないですが、消すほどでもないとは思います。

○ワンスインナムーン。逃げないと脆いのでしょう。距離短縮で半端に先行させられて苦しかった。これで見限るのはまだ早くて、行ければ当然ガツンと走るでしょう。行けるかどうかはやってみなければわからないので、人気が落ちるタイミングで再度狙えばよいのでは。

▲タマモブリリアンは前に出る気配なく5着。この馬も流れが違えば、と思いつつ「そんな都合の良い話はない」ということを示しているような結果です。結局、このぐらいの着順に収まりがち。次走以降もそんなに人気にならないと思うので相手候補としては楽しい馬です。

不利を受けたダイアナヘイロー、ジューヌエコール、ノボバカラは次走で大幅な上昇が期待されます。ジューヌエコールは体重が戻ったときに。ダイアナヘイローは武豊騎手が乗る限り不当に人気が高くなってしまいますが、それでも北九州記念では外せない1頭になると思います。ノボバカラはやっぱりダートで。

函館SSまとめ

仮に前が止まらない馬場だったと判断できたとして、3番人気セイウンコウセイの頭を狙うことができたでしょうか?なかなか難しいところです。

サンデー系が良いというのは継続されるはずなので、来年もアドマイヤゴッドやヒルノデイバローのような馬を見つけて、最後の最後の選択をうまくやって的中を勝ち取りたいと思います。

あとは3歳馬が出てきたらそっちを優先。

ユニコーンステークス結果

1着_ルヴァンスレーヴ
2着▲グレートタイム
3着_エングローサー
4着_ホウショウナウ
5着_セイウンクールガイ
……
8着◎コマビショウ
9着○グリム

あえて切った馬たちが掲示板を賑わせました。馬券が外れたことは残念です。

ルヴァンスレーヴは強いですね。ノンコノユメやゴールドドリームのように、若い内にダート戦線の主力を担う存在になってほしいです。

▲グレートタイム。出遅れ。ルヴァンスレーヴ同様、トップクラスで長く活躍することが期待されます。できるでしょう。

◎コマビショウはなんかバタバタやってましたね。活躍できる馬だと思うので、買えるタイミングをきちんと見極めて上手に付き合っていきたいと思います。

○グリム。スムーズに競馬できないとまだまだ危うい、足りない、ということだと思います。外枠になったときに期待。

△ハーベストムーンは不利を受けてズルズル後退。次は普通にやってくれるはず。

コマビショウ、グリム、ハーベストムーンの3頭はとにかく綺麗な競馬をしないとまともに走れないようなので評価の上げ下げはそこに気をつけていきたいです。

ユニコーンSまとめ

色々ありましたが、そんな中でしっかり連対を果たした2頭は出世街道まっしぐらだと思います。

「色々」にやられた馬たちは、「タイミング」を見極めて上手にお付き合いを。

来年以降も馬券は、うっすら期待してチャレンジします。

スポンサーリンク