マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

函館スプリントステークス2018・クソ予想。猛威を奮う前走大敗のサンデーサイレンス

      競馬予想

夏競馬の本格的な到来を告げる函館スプリントステークス。今年はいつもと雰囲気が違います。ここ4年猛威を奮っていた「前走G1、短縮ローテーションの3歳馬」が出走しないのです。わかりやすい「狙える馬」がいません。

例年高松宮記念組は大苦戦。好走していようが惨敗していようが、みんなダメ(ロードカナロアですら2着に負けるくらい)。今年も人気を集めていますが、3歳馬がいないことでこの流れが変わるかどうか、注目です。

これまた毎年繰り返される「実績も安定感もあると思われている馬が先行して潰れる現象」が今年はどうなるかも気になります。

スポンサーリンク

函館スプリントステークス予想

◎アドマイヤゴッド
◯ワンスインナムーン
▲タマモブリリアン
☆ノボバカラ
△ヒルノデイバロー
△ノットフォーマル
△ラインスピリット

先行馬?差し馬?

前と後ろ、どっちに張るかと言われたら、「後ろ」でいいのではないかと思います。

まずは人気を集めているのが先行馬であるということ。そして、近年もっぱら高速馬場な函館競馬場は直線も短いため、人気馬に乗る騎手にとっては「前に行って潰れるのが怖い」よりも「間に合わなかったらどうしよう」という心理のほうが強いと思われます。

芝レースでの穴狙いの基本は先行馬ですが、函館スプリントステークスならば逆を狙っても良いのではないでしょうか。

もし仮に人気薄の馬がうまく逃げられたとしても、直後に位置する上位人気馬たちが早めにプレッシャーを掛けてくるので苦しくなってしまいます。

後は野となれ山となれ、ノーマークの差し馬がドッカンドッカン突っ込んでくるのを待つだけです。

サンデーサイレンス系の馬が良いと思う

函館スプリントSで、なにそれ?という結果を叩き出すのはもっぱら父か母父サンデーサイレンス系、特に差してくる馬です。

該当する馬は多いのですが、このレースは色々と理由があってリピーターがほぼ出現しないので、昨年の1~3着馬を消すと、残るのはナックビーナス、アドマイヤゴッド、タマモブリリアン、ノボバカラ、ヒルノデイバロー、ノットフォーマル、ライトフェアリー、ユキノアイオロス。

1番人気のナックビーナスは地獄の前走高松宮記念組であり、うっかり油断すると包まれて終わる中枠。軸にするのは怖いです。それ以外の馬はみんな人気がないので単勝多点買いも面白いのでは。

前走着順は悪いほど良い?

前走重賞組で馬券になっている馬は、派手に負けている馬ばかりです(前走がオープン特別以下ならそれなりに人気になった上で好走してきて欲しい)。

まるでレースしていない、くらいがちょうど良いみたいです。

で、◎アドマイヤゴッド

前走京王杯スプリングカップの惜しい感じとか、スムーズにレースを運べそうな枠とか、函館コースの実績などを考えると一番現実的な感じがします。他のサンデー系がちょっと過激なので……

面白そうな馬は多いのですが、ここで重賞タイトルを獲るぜ!という感じがするキャラとしてはアドマイヤゴッドが一番合っているかなと思います。

あとは、これまでの重賞やオープンでの煮え切らない走りが「この馬の限界」なのではなく、「流れが向いてなかっただけ」ということを祈るのみ。今回ハマって激変!のはず。

軸に良さ気なのはワンスインナムーン。前走京都牝馬Sは3番人気5着と凡走。間隔を開けてゆとりあるローテーションであり、今回は距離短縮。スプリンターズステークス3着と実績は十分。斤量も54キロですし、なんとか踏ん張ってしまうような気がします。ナックビーナスが前走高松宮記念10番人気3着の激走後なので、比べるとこちらのほうが優位です。

まとめ

◎アドマイヤゴッド
◯ワンスインナムーン
▲タマモブリリアン
☆ノボバカラ
△ヒルノデイバロー
△ノットフォーマル
△ラインスピリット

狂った結果を期待します。

スポンサーリンク