マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

アハルテケステークス2018・予想。サクッと前で頼むよ

      競馬予想

土曜東京メイン・アハルテケステークス(ダート1600m)の予想です。アハルテケといえば東京競馬場の正門、駅の改札を出てすぐのところにアハルテケ像があります。

波乱の決着が多いレースですが、よく見てみると好走馬はそれなりに理由がある馬たちです。年内に順調に使われていて近2走のどっちかで掲示板に乗る走りをしてるような馬ばかり。あとは格上げ緒戦かリピーター。謎な理由で来る馬は少ないです。

逆に、人気を裏切っているのは前走1着の反動、叩き2戦目で上昇するんじゃないかと思われて実はウソだったとかそんなのが多い。

そんなことを考えて馬柱を見ていると、当たりそうな気がしてきました。

スポンサーリンク

アハルテケステークス予想

◎ワンミリオンス
○サンライズノヴァ
▲ロイヤルパンプ
☆アスカノロマン
△ゴールデンバローズ
△ストライクイーグル
△オールマンリバー

◎ワンミリオンス

前走の栗東Sは久しぶりの中央。不良馬場で行ったもん勝ち的な展開のレースでしたが、出遅れて途中ポジションを上げたものの最後は疲れてしまいました。

今回はバウンド延長。もともと1800m以上で走れる馬なので追走が楽になれば、着順を上げることはそう難しくないはず。外枠からスムーズに走れそうなのもプラス。

○サンライズノヴァ

スタートが悪く取りこぼしまくっています。強い馬が相手でも2着、弱い相手でも2着。取りこぼしているというよりも、相手なりに走っているだけ?

もう1つ上のステージに行くためにも、どこかで先行抜け出しでサクッと1着を取る癖をつけてほしいです。4歳春、今まさに正念場。ライバル・サンライズソアに負けていられません。

飛んだらラッキーですが、無難にまとめ上げてくるでしょう。

▲ロイヤルパンプ

今回、2頭しかいない短縮組。父アグネスデジタル母父タバスコキャットといかにもキカンボウな雰囲気。それで1800mを走れているのだから、マイルになったらもっと頑張るんじゃないの?という期待。

前に行きたい馬も少なそうで、人気を集めるのが追い込み馬であることも、この馬には良い材料なのではないでしょうか。

☆アスカノロマン

2016フェブラリーS3着馬。今回は距離短縮。前走は密かに上がり2位で走っており、復調しているかも?

△ゴールデンバローズ、オールマンリバー

オアシスSは正統派の前哨戦。このコースは基本外枠有利。MAX走れば足りる。

△ストライクイーグル

格上げ。

じゃじゃ馬グルーミンアップという競馬漫画の主役的な馬と同名です。漫画のほうは父がアンバーシャダイをモデルにした馬でジャパンカップや天皇賞春などG1を4つも勝つステイヤーですが、こっちはキンシャサノキセキ産駒のダートホース。だからなんだという話ですが、つい注目してしまいます。

まとめ

ワンミリオンスがすんなり先行して後ろがモタモタしているうちにサクッと勝てば嬉しいなあ、というレースです。

スポンサーリンク