マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

競馬の前半(テン)3ハロンタイムを計算で出す方法。

 2016/04/08      競馬理論

競馬の前半(テン)3ハロンタイム。要はスタートしてから600m地点までのタイムですが、これは競走馬のスタートダッシュの能力を推し量る事が出来る数値になります。

JRAのホームページや競馬新聞にはこの『前半』の3ハロンタイムと順位は載っていません。データが提供されていない以上は知りようがありません。

上がり3ハロンタイムは記載されているのに、なぜ?と思うかもしれませんが前半3ハロンタイムは予想にどうやって使うのかまだ浸透していないからでしょうね。

しかし、自身で計算し、導き出す簡単な方法がひとつあります。

スポンサーリンク

全体のタイムから後半3ハロンタイムを引く

1200mのレースなら、全体のタイムから後半3ハロンタイムを引けば前半3ハロンタイムがわかりますよね。

※1200m限定
前半3ハロンタイム = 合計タイム ー 上がり3ハロンタイム

こんなの当たり前の話ですね。そして、コレ以外に知りようがありません。

1600mのレースなら前半1000mの正確なタイムがわからないといけませんし、2000mなら前半1400mのタイムがわからないといけません。

単純に前半3ハロンタイムの情報を提供してくれる機関があれば良いのですが、今のところ1つしかありません。肝心のJRAが提供を始めてくれれば他の会社もどんどん追従するのでしょうけど。

KLANという、無料で使える競馬予想ツールなら、前半3ハロンタイムと順位が一発でわかります。
タイム自体は他のサイトやツールでもわかりますが、「順位」が分かるのはKLANだけ。相対性が重要な競馬の世界では順位がわかるのは大きな武器です。
>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

スポンサーリンク