マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

安田記念2017・クソ予想。若さとか勢いとか、必要ないんだ。

     競馬予想

近走マイル路線で優秀なイスラボニータ、エアスピネルが人気ですが、彼らを信用すべきかどうか。この2頭は「馬そのものの人気」が高いので、レッドファルクスも加えた3頭が横並びの評価かな?と思ったり。

安田記念の傾向は…

  • サンデーサイレンス系が不振(前評判ほど走らない)
  • 前走上がり2位以内(末脚がしっかりしている馬)
  • リピーターレース気味…
  • 勢いのある4歳馬より、G1で好走歴がある5歳以上の馬がこっそり馬券になる

この辺を重視して、人気のある馬に反抗したいと思います。

スポンサーリンク

安田記念・クソ予想

◎ブラックスピネル
◯サトノアラジン
▲ステファノス
☆ビューティーオンリー
△イスラボニータ
△コンテントメント
△アンビシャス

絞り込み

前走上がり2位以内の馬は、
アンビシャス
レッドファルクス
グレーターロンドン
エアスピネル
ブラックスピネル
サトノアラジン
イスラボニータ

この中で、負けている馬(今回パフォーマンスを上げるであろう馬)は、
アンビシャス
エアスピネル
ブラックスピネル
サトノアラジン

の4頭。

父がサンデーサイレンス系ではない馬は、ブラックスピネルエアスピネルの2頭。でもエアスピネルはマイル3連発でもう飽きてそうだし、この人気だと1着になってもらわないと困る。なので◎はブラックスピネルに。父タニノギムレットと言えば、ウオッカとスマイルジャックが安田記念で複数回好走しています。それから、前につけそうなのも好材料。残るかどうかは…知りません。

サトノアラジンは今まで「前哨戦1着から本番で人気になって凡走」というパターンを繰り返していましたが、今回はついに前哨戦でしっかり負けてくれました。展開がハマれば、いつもより上の着順もありえるでしょう。

ベテランでこっそりやりそうな実績馬は?

古馬混合G1で連対歴があるのは、
コンテントメント(2017香港Cマイル1着、2016香港QSジュビリーC1着)
レッドファルクス(2017スプリンターズS1着のみ)
ビューティーオンリー(2016香港マイル1着、2017香港Cマイル2着など)
イスラボニータ(2016マイルCS2着のみ)
ロゴタイプ(2016安田記念1着のみ)
ステファノス(2017大阪杯2着、2015天皇賞秋2着など)

香港では実績があっても日本では?というコンテントメントとビューティーオンリー。当たり前ですが。

1400までしか実績がないレッドファルクスもちょっと…。ロードカナロアじゃあるまいし。イスラボニータは軽いと言われる京都マイルだけの実績ではちょっとさびしいし、ロゴタイプの昨年のは恵まれた感&メイクミラクルな感があり今年は大変そう、4着5着にえりそう。

ステファノスは文句なしに実績ナンバーワンといっていいのですが、前走頑張り過ぎているので反動が怖い。いつものように1度凡走を挟んでいればよかったのですが。

まとめ

とりあえずブラックスピネルが馬券になれば…

スポンサーリンク