マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

安田記念・クソ予想。モーリスは日本があまり好きじゃないはず。

 2016/06/05      競馬予想

雨が降っています。

それほど大きな影響はないと思いますが、0ではないはず。

スポンサーリンク

安田記念クソ予想

◎コンテントメント
◯リアルスティール
▲モーリス
☆ディサイファ
△イスラボニータ
△クラレント
△サトノアラジン

モーリスが負けるとしたら、考えられるのは2つ。ひとつはキレ負け。もうひとつはアレ?っていう凡走。

どっちにしても、かつて簡単に捻っていたメンバーにやられることはないのではないでしょうか。凡走した場合もそこで1着になるのは初対戦組になりそう(そうであってほしい)。

なのでどれを◎にするかというと、初対戦でしかも初マイルのリアルスティールやディサイファ、初の日本遠征で鮮度抜群のコンテントメント(対戦はしているけど)ぐらいしか思いつきません。

◎コンテントメントは前走チャンピオンズマイルでモーリスに完敗。普通に考えて逆転は厳しそうです。

でも、今回の舞台は東京。モーリスって日本より香港の方がいい走りをしてますよね。だから逆にコンテントメントが日本でいい走りをしてもおかしくないよね。という話です。
プレブル騎手はブリッシュラックで安田記念優勝経験があり、サイズ調教師はウオッカの年のアルマダで2着。十分じゃないでしょうか。

ちなみに父Hussonetはミスプロ直系。母父コマンズ(デインヒル)に母母父サドラーズウェルズなので日本で普通に走れそう。

◯リアルスティール。この馬が一番無難に走りそう。ローテーションも◎。福永騎手はマイル得意。昨年ヴァンセンヌは進路が詰まっても際どい2着。どれだけ走ればモーリスを交わせるかわかっているはず。

武騎手のディサフィアは初マイルの短縮で爆発を期待。日経賞からというのは前例がないのでなんともいえませんが、サトノアラジンやフィエロよりは期待出来そう(モーリスを逆転するという意味で)。

スポンサーリンク