マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

ユニコーンステークス・クソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

 2016/06/12      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

ここ最近は波乱傾向。昨年はゴールデンバローズ、その前はアジアエクスプレスが馬券圏外に沈みました。その更に前の年も3着は人気薄が同着。

3歳馬のダート戦ですから、まだまだ力関係も謎な部分が多いので難しい。

そういう意味ではやりがいのあるレースです。

スポンサーリンク

ユニコーンS・過去5年データ

unicorns-data-2015-2011

穴馬の傾向

オープン特別、重賞勝ち(地方でも良い)の実績

上のクラスで実績がある、つまり強い馬が普通に走るレースです。

ん?何かおかしいですね・・・。

オープン特別や重賞(地方でも良い、というか地方しかない)で実績がある馬なら普通は人気になるはずですが、なぜかこのレースでは人気を落としています。

「直近のレースで圧勝」「海外帰りだけど強いはず」「2歳時の走りが凄かったから」とか何の信憑性もない。そんな薄くて浅~い理由で祭り上げられる馬がいたらしめたもの。飛ぶとは限りませんが、確率は高いはずです。

言ってもまだ3歳馬ですからね。みんな成長途上なんです。

1600m以上の経験

近走2、3走で1600m以上の距離を使っていることが望ましいです。

東京マイルはタフなので短縮が向きます。

「1400mからの距離延長でスイスイ先行して押し切る」というイメージはあまり持たない方が良いかも。

延長でも馬券になっている馬はいますが、穴というほど穴ではありません。強かったんでしょうね。

最内枠は不振。外枠有利

これもこのレースというか、東京マイルの特徴ですが、外枠の方が有利です。

「スタート後の芝の部分が斜めになっているせい走る距離が枠で違うから」とか、「砂を被らないで済むから」など理由は色々考えられます。

理由を突き詰めても馬券は当たる訳ではないので、参考程度に。

ヴァイスリージェント系。アメリカンなダート血統

クロフネ、フレンチデピュティといったヴァイスリージェント系の馬が目立ちます。

登録馬

アルーアキャロル 56.0
イーグルフェザー 56.0
ヴェゼール 56.0
エキドナ 54.0
オーシャンビュー 56.0
クインズサターン 56.0
クリノリトミシュル 54.0
グレンツェント 56.0
ゴールドドリーム 56.0
ストロングバローズ 56.0
スミレ 54.0
ダノンフェイス 56.0
デピュティプライム 56.0
ノーブルサンズ 54.0
ノーモアゲーム 56.0
ピットボス 56.0
ピュアコンチェルト 54.0
ヒロブレイブ 56.0
ビービーサレンダー 56.0
マイネルバサラ 56.0
マインシャッツ 56.0
モンスターキング 56.0
ヤマイチジャスティ 54.0
ヨシオ 56.0
レッドウィズダム 56.0

まとめ

今年はやや微妙なメンバーですね^^;

大荒れは期待出来ない・・・かもしれません。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク