マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

天皇賞(春)2017・クソ予想。宇宙の法則には逆らわない

     競馬予想

なんだかんだの内枠でしょう。そうしましょう。

ペースが上がって外枠の差し馬でも…という方針だと妄想が膨らみすぎて何も決まりませんし。

スローなら内枠。ハイペースでも内枠。ということにして考えました。

スポンサーリンク

天皇賞(春)クソ予想

◎シュヴァルグラン
◯キタサンブラック
▲ディーマジェスティ
☆スピリッツミノル
△サトノダイヤモンド
△アルバート
△ラブラドライト

内枠、日経賞&大阪杯、トニービンなど、わかりやすい傾向はあります。シュヴァルグラン、アルバート、アドマイヤデウス、ワンアンドオンリーなど該当馬はそれなりにいます。消極的に思えなくもないのですが、◎はシュヴァルグランでいいんじゃないでしょうか。仕方がない。リピーターレースだし。

昨年のVTRを見る限り、アドマイヤデウスさえいなければシュヴァルグランが勝っていたんじゃないかと。今年も同じことになるかもしれませんが、そこはプロなので大丈夫でしょう。信じるしかありません。

アルバートは前走ダイヤモンドS組。このパターンはかつてフェイムゲームが2着していますが、あれは展開的な助けも大きかったと思います。

アドマイヤデウスは日経賞組。だけどG1では気が利かない。そんな馬がここにきて一世一代の大駆けをするでしょうか?私はそうは思いません。

ワンアンドオンリー…。トニービン。それから和田竜二騎手は天皇賞(春)でよく馬券になっていますね。しかし、この馬が馬券になるパターンってどんなのでしょうか。想像がつきません。

この際、シュヴァルグランとキタサンブラックの馬連。あるいは3連複2頭軸で全頭流しとか、とにかく「サトノダイヤモンドが3、4着ならラッキー。そうなったら必ず回収したい!」的な馬券が中心でいいんじゃないでしょうか。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク