マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

天皇賞春クソ展望②。全頭をしらみ潰しに検討する苦行

 2016/04/26      重賞展望

天皇賞春と菊花賞は似て非なるものです。昨年はゴールドシップが勝ちましたが、基本的に菊花賞馬にとっては厳しいレース。

3歳馬の「はじめての3000m」と、古馬のこなれたメンバーが集う3200mは距離ではなく競技が違います。

菊花賞は、高校球児に突然クリケットをやらせるような感じ。そんな奇想天外な状況で燃える男が勝ちます。一度クリケットの魅力に取り憑かれたやつは戻って来れない。ゴードシップでも3年かかりました。

天皇賞春は、辛いとわかり切っているのに改めてトライアスロンに挑戦するようなキツさ。それに耐えられる意識の高い変わり者経営者が張り切る舞台。

ね?わかってきたような気がしませんか?

スポンサーリンク

天皇賞春。全頭クソ展望

アドマイヤデウス 岩田 58.0

GⅠでは結果が出ていません。勝手な思い込みでこういう馬に過度な期待をするのは禁物。好きだから買う、以上のことは難しい。

内枠を引いて馬群の中で競馬が出来ればあわや。

アルバート ルメール 58.0

有馬記念でリズムを崩してしまいました。強いことは強いと思うのですが、スローだとキツイ。
前走も後ろにいたけど、上位馬に切れ負け。そういう馬なのだと思います。

内枠が欲しいです。そして、激流になって馬群でジッとしていられれば。

カレンミロティック 池添 58.0

昨年は上手く行きました。今年はさすがにないだろ。と思っています。

自分が逃げるのではなく、引っ張ってくれる誰かを見ながら進める形が理想。

キタサンブラック 武豊 58.0

サクラバクシンオー論争を巻き起こした問題児。わかってますって。アンバーシャダイでしょ?ノーザンテーストなんだよね?はいはい。みたいな。

逃げるんでしょう

ゴールドアクター 吉田隼 58.0

キレない。そして切れない。

サウンズオブアース 藤岡佑 58.0

この馬は典型的なクリケット野郎だと思うのです。だから有馬記念も来る。

そして、今回は厳しい(デムーロがいないことが特に)。奇跡的に馬がやる気を出したとしても、「位置取りの差が・・・最後は外を回った分で・・・」になりそう。

サトノノブレス 和田 58.0

株式会社ディープインパクトの万年平社員。

ラストインパクトのお友達。

シュヴァルグラン 福永 58.0

例年なら1番人気になって吹っ飛ぶパターンです。

でもゴールドアクターやキタサンブラックがいるおかげで色んな面で有利。流れが早くなって最後みんなバッタバタになればいいんでしょうけど、平均より遅ければ差し遅れる可能性大。

タンタアレグリア 蛯名 58.0

普通にやったんではかなり厳しい。道中死んだふりして内をついて4着とか。でも間違って3着もあるかもしれません。昨年並の激流になれば浮上する可能性はなくもない。

関係ないんですが、この馬は昨年のダービーのフジテレビの実況で勝ち負けに関係ない位置にいたにも関わらず名前を絶叫されていました。青嶋アナは蛯名騎手が大好きなのでしょうか。

トゥインクル 勝浦 58.0

万葉Sで負けてダイヤモンドSを勝っているので、GⅠの厳しい流れに適正はあると思いますが長距離3連発は疲労が心配。

ステイゴールドだから買っとくか、ぐらいの雰囲気。それぐらい割り切らいないと買いづらい。

トーセンレーヴ 武幸 58.0

本当に出るんでしょうか。有馬記念6着だけを見れば全然おかしな話ではないのですが。

トーホウジャッカル 酒井 58.0

スペシャルウィークの跡取り息子。

この馬もクリケット野郎なので、基本的な適正は疑問。ただ能力は足りるはずですし、阪神大賞典の凡走はプラス。

ファタモルガーナ 内田 58.0

ステイヤーなのに祖母の名前が「デンコウセッカ」という冗談みたいな馬です。

黙って普通に競馬をすれば絶対誰かに負ける馬。大逃げでもすれば・・・

ファントムライト 三浦 58.0

父オペラハウスはテイエムオペラオー、メイショウサムソンを出しているので相性は良いです。ただ、「いつの話だそれは」というくらい時間が経っているので強調材料とは言えず。

普通に走ったんではどうにもならないので、途中から先頭とか、極端な競馬をさせれば面白いかもしれません。

ちなみにダイナカールの孫。

フェイムゲーム ボウマン 58.0

フェノーメノが勝つときにモタモタして、ゴードシップが勝つときに豪快に伸びてくる。そういう馬です。

ドボドボの東京3400mから、高速(晴れれば)の京都3200mというローテーションがこの馬にとって良いのかどうか、よくわかりません(多分ダメ)。

マイネルメダリスト 柴田大 58.0

無理。

ただでさえ力が足りないのに、昨年からステイヤーズS~AJCC~ダイヤモンドS~阪神大賞典と殺人的なローテーション(ステイゴールド産駒なので余計心配)。勝つ気0。

マドリードカフェ 川島 58.0

無理。

使い過ぎ。甘くない。

ヤマニンボワラクテ 丸山 58.0

絶対ダメとは言えませんが、じゃあ何か好走する要素があるのかと言われれば、ないです。

母父エリシオも特に良い訳でもなく。

レーヴミストラル 川田 58.0

寝違えて回避。だれか彼にピップエレキバンを送ってあげて下さい。

まとめ

あと5周ぐらい考えたらもう少し気の利いたことが思いつきそうです。

関連記事
天皇賞春クソ展望①過去5年データ・傾向

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク