マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

七夕賞&プロキオンステークス・クソ予想。「そっちかあ」を避けて精神的な平穏を保つためには

     競馬予想

七夕賞もプロキオンステークスも内枠有利なレースです。

外枠の先行馬がすんなり行けてしまったら・・・普通に考えると押し切ってしまうように思えます。

でも、そうならないから今まで内枠の馬ばかり馬券になっている訳です。

もちろん、競馬に絶対はないので今年は外枠独占ということもあり得るでしょう。

もし、甘く見た外枠の先行馬が勝ってしまった場合、レースが終わった後に「そっちかあ・・・」と思うかもしれません。だからみんな迷うんです。すごく当たり前のことですけど。

予想の段階で、一通り「そっちかあ」を考えたのならば、馬券を買う時は「そっちかあ」を一旦捨てる。しっかり捨てる。そもそも、馬券を買うというのはそういうことです。全通り買えば絶対当たるのに、自分から避けて絞っている訳ですから。

「なぜ、そっちになったか」は水曜日ぐらいに落ち着いて一生懸命考えれば良い。それだけのことだと思うのです。

スポンサーリンク

七夕賞・クソ予想

◎マーティンボロ
◯アルバートドック
▲ヤマニンボアラクテ
☆クリールカイザー
△マジェスティハーツ
△バーディーイーグル
△ルミナスウォリアー

1番人気は頑張るんだけど、必ず何か1頭は謎な馬が絡んでくるレース。今年は(も?)、上位人気馬がみんな押し出されている感が半端じゃない。かといって、血統も悪くない馬が多く走りそうっちゃ走りそうだし、他に誰がいるの?って感じです。

速い上がりとか要らない

七夕賞は前走上がり3ハロン順位が3位以内の馬は極端に成績が悪いです。

これだけで買う馬を決めるのは乱暴ですが、何かヒントにはなるはず。福島2000mは小回りで、上位に来る血統もニジンスキー系やロベルト系などタフな傾向にあります。さらに内枠有利で取り敢えず前に行っときゃなんとなかなるだろ的な面も。

「切れる末脚は持っていないけど、それなりに重賞実績がある」馬から選びました。能力はあるけど、中央開催の表舞台ではちょっと・・・というやつですね。

唯一前走芝マイルの◎マーティンボロが内からせこく差してくるのを期待。着順は悪いんですが、実は今年に入ってからはけっこう普通に走っているんです。調子が悪いとか、終わったとか、そんなことないんじゃないのかなと思います。前走とかちょっとふざけすぎです。VTRを見てみて下さい(笑)

今回はきちんと走るという保証はどこにもないのですが、せっかくの七夕賞なので人気薄を思い切り買うのがいいんじゃないでしょうか。

「速い上がりが要らない」という点で人気のアルバートドックとヤマニンボアラクテは切りづらいです。小回りで頑張るディープだし、それなりの位置を取れれば。

ウインリバティ、と見せかけてクリールカイザーの逃げ切りとか・・・ないかな。

マジェスティハーツはなんだかんだで小回りが良いのだろうというのと、みんなが色気を持ってガチャガチャしそうな状況でこの鞍上は心強い。馬場もちょうどいい感じになりそう。前走はダートから芝のショックがあったので走るタイミングは違うのかもしれませんが、連続好走出来ないタイプでもないのでその辺はボカしておきます。

バーディーイーグルは強さの加減がよくわかりませんが、ブライアンズタイムだし、勢いに乗っているときは買っておいた方が良さそう。

人気が割れているせいで、配当的な妙味は少ないかもしれません。こんなときは逆に絞って人気サイドだけ買うのもありかもしれませんね。

プロキオンステークス・クソ予想

◎タガノトネール
◯ニシケンモノノフ
▲ノボバカラ
☆カフジテイク
△キングズガード
△ブライトライン
△クラリティスカイ

中京ダ1400mの実績と、1200mからの延長を中心にして買おうと考えていましたが枠順を見て相当面食らいました。

上位人気はそれなりに走りそうな雰囲気。と思っていたのですが、意外と安定感がない面々です。ノボバカラもニシケンモノノフも、あれ?っていう怖さがあります。

外の先行馬同士の駆け引きが大変そうでが、それでも押し切れそうなのはタガノトネール。左回りの1400mは合います。外枠だけどしょうがない。これはしょうがないということにしましょう。実績の割に人気ないし。

あとは内からカフジテイクに突っ込んでもらう。それを待ちます。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク