マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

宝塚記念・クソ展望。出走予定馬全頭を暑苦しく語る会

 2016/06/22      重賞展望

時の流れは早いもので、春のGⅠもいよいよ宝塚記念を残すのみとなりました。

あれ、今年のGⅠいくつ当たったかな・・・?

いや、そういえば重賞も・・・

という感じでここまで来てしまいましたが、一応節目なのでしっかり当てて、月曜日に偉そうなことを言いたいです。

スポンサーリンク

宝塚記念・全頭考察

ドゥラメンテ デムーロ

現役屈指の能力の持ち主ですが、乗り越えなければいけない壁は高い。

ドバイシーマクラシック以来の休み明け。右回りではぎこちない走りをするので阪神競馬場は不安。加えて昨年のような破天荒さが感じられず、普通なら徐々に小さくまとまってくるであろう時期なのも気になります。

キングカメハメハ産駒だし、これまでの戦績を見ても間隔を詰めない方が良いタイプなのでローテーションは別に気にする必要はないと思います。

不安だ不安だと言いつつ、右回りは無敗だし実は良いのかもしれません。スムーズじゃないというだけで、勝つか負けるかで言えば、勝てる競馬が出来る馬が勝つ訳ですから。4コーナーでいくら膨らんでも直線だけでどうにかなったりして。

プラスだマイナスだあれこれ考えるより、よくわからないからとりあえず抑えておけば良いんじゃないでしょうか。

キタサンブラック 武豊

最近の宝塚記念は、天皇賞春で好走した馬がバンバン吹っ飛んでいます。大幅な距離短縮に加えて、レースの質もメンバーもガラリと変わるのが原因でしょう。

ましてやこの馬はその天皇賞春で一番恩恵を受けたので、落差はデカイ。「恵まれる状況を自分で作れるのが強み」と捉えることも出来ますが、今回はさすがにいつものようにはいかないはず。それでどれだけ頑張れるか。
「充実期だから踏ん張ってしまう」に賭けるのはちょっと嫌です。

アンビシャス 横山典

株式会社ディープインパクト、新進気鋭の若手営業マン。

ピチっとしたストライプのスーツを着て高そうな腕時計をしています。不機嫌な果実の成宮寛貴みたいな感じでしょうか。

大阪杯からのローテーションはとても嫌ですね。ラキシスが凡走していますし。そもそもこのレースは間隔を開けた馬の好走がほとんどありません。

前走スローを先行して勝ちましたが、今回延長で重っ苦しいレースになったら確実にパフォーマンスが落ちる。それに中山記念も大阪杯も斤量が軽かった。どうなんでしょう。

ラブリーデイ ルメール

昨年の覇者ですが、かなり影が薄くなりました。ちょうど1年前に戻った感じ。

GⅠレベルで走っているキングカメハメハ産駒は尻すぼみの傾向。というか一流馬のピークはそんなに長くないので厳しい。

昨年と同じような展開になれば。

ステファノス 戸崎

多分みんなが思っているよりも強くて、密かに評価しまくっている人が思っているよりはちょっと弱いくらい。GⅠ2着2回は伊達ではありません。

馬場が渋ったとか、超スローで後ろにいたとか、特に際立った理由がなければ安定して着を拾っているので今回も大丈夫でしょう。とか言いつつ今年の宝塚記念は馬場が荒れそう・・・。

ただ、母父クロフネのディープインパクト産駒はなんか足りない&持ってない説にピタッと収まりそうな雰囲気も満載。

マリアライト 蛯名

喜んで買う人が多そう。

目黒記念からのローテーションは不安。超不安。

有馬記念4着だからといって宝塚記念も4着以上に走れるとは限らないのが競馬です。

トーホウジャッカル 酒井

前走は復活の兆し。だからこそ今回は危ないと思います。

天皇賞春好走馬は相性が悪いのが宝塚記念ですが、この馬の場合は5着でもきちんと走っちゃったので微妙。

結局高速馬場寄りだよね、という感じがあり、力で持っていくほどのスケールがない。

シュヴァルグラン 福永

日経新春杯凡走、阪神大賞典快勝、天皇賞春なんだかんだで負け。

交互だから今回は好走・・・?違う気がする・・・。ウインバリアシオンよりも強ければ来ると思いますが、多分そこまでじゃない。

姉のヴィルシーナが3着になっているので来てもおかしくない。など好走理由はそれなりに、ある。

サトノノブレス 和田

株式会社ディープインパクトの万年平社員。

前走はマイナス10キロ。走りどころを間違えるからこそ平社員。

鞍上も頑張りどころを1週間違えたか・・・。

サトノクラウン 岩田

ノーザンダンサー系は宝塚記念壊滅状態。でも、そもそも数が少ないので参考外ということにしたい。

京都記念の走りを見ても、この舞台は合っているはず。その京都記念がかなりタフな競馬で疲労が残っていたはずなので前走の凡走は仕方がない。

3歳クラシック直前まで怒涛快進撃~その後低迷~明け4歳で再び頭角を現すパターンは宝塚記念にぴったり。

ラストインパクト 川田

サトノノブレスとは長年ライバル。と思いきや、昨年のジャパンカップでは世界のライアン・ムーアを味方につけて大出世。

「あいつ中東に飛ばされた」と周りがあざ笑っていたら、うっかり石油を掘り起こしてしまいました。

とはいえ、人間も馬も、そうそう簡単に変わりません。仁川に連れてこられたらまたいつものように萎縮してしまうでしょう。

フェイムゲーム 柴山

着順の流れとか、持っている(はず)能力を考えたら相当おもしろい。でも、大幅短縮で前走差しから今回どうすんの??

ヤマカツエース 池添

昭和~平成初期なら名前だけで宝塚記念を勝っています。

しかし、この馬はキングカメハメハ産駒。21世紀仕様です。前走もクニャクニャしてました。

万策尽きた、とまでは言いませんが、この手の馬がGⅠ馬に上り詰めるためには勢いが必要。福島記念~中山金杯連勝時の緊張の糸は完全に切れているように思います。

カレンミロティック ベリー

この歳でGⅠ連続好走は厳しい、はず。

たとえ若かったとしても、天皇賞春~宝塚記念は大変。

ヒットザターゲット 小牧

周りの崩れっぷりも、自分の進路取りも最高に上手くいった2年前で4着。そういう馬なんだと思います。

タッチングスピーチ 浜中

よくわからないディープインパクト産駒の牝馬が馬券になるのが最近の宝塚記念ですから、マリアライトよりこっちかもしれません。

ローズSでミッキークイーンをねじ伏せ、エリザベス女王杯でグイグイ伸びて、京都記念でもちゃっかり連対。目黒記念もまあそんなに悪くなかったと思います。

非根幹距離の申し子、ということにしましょう。

ワンアンドオンリー 田辺

タヤスツヨシか、アグネスフライトか、いやワンアンドオンリーだ。

クラシックホース再生工場長の田辺騎手が天丼をやってくれれば面白いんですが。ロゴタイプ再び。

武豊にケンカを売れるのは関東の騎手しかいないのではないでしょうか。勝浦騎手がダメだということは天皇賞春でわかりました。頼みの横山騎手がアンビシャスでは望み薄。だから田辺騎手しかいません。

マジェスティハーツ 森

最近は、あると思わせて、ない。ないと思わせて、ない。を繰り返してますね・・・。

100%のちからを出しきれば十分3着はある馬だと思います。

ハーツクライ産駒、トニービンの血は相性が良いですし、前走鳴尾記念だって直線があと200mあれば勝ってました。

まとめ

ルメールが乗るならもっと自信を持てるんだけど・・・という馬がちらほら。

真面目な話、伏兵陣は大なり小なり買い要素を持っている馬が多いです。

ストロングポイントが当日の馬場にガチッとハマる馬をしっかり見極めたいですね。

宝塚記念・過去5年データと穴馬の傾向

スポンサーリンク