マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

高松宮記念・過去5データ、穴馬の傾向。かつては堅かったが今年は?

 2016/03/15      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

エアロヴェロシティ、ダンスディレクターが回避。残念・・・

昨年、一昨年は共に馬場が荒れた状態で施行され中波乱。それ以前の2年は順当な決着でした。

びっくりするような波乱はないと見た方がよさ気。渋い馬券を狙うのが乙です。

短距離戦線は競走馬のピークが短いと言われますがリピーターも多いので、今年も出走するであろうミッキーアイルとハクサンムーン、スノードラゴン、エアロヴェロシティは重く扱わなければいけないでしょう。

とはいえ、今年のメンバーは一長一短なので、一筋縄ではいかなそうです。

スポンサーリンク

高松宮記念・過去5年データ

takamatsunomiyakine-data-2015-2011※2011年は阪神開催

穴馬の傾向

外枠有利

人気以上に走った馬はみんな半分より外の枠。中京競馬場は基本外差しが決まりやすいので自然な傾向ですね。

インをロスなく回ることに活路を見出すようなタイプは期待出来ません。

穴を開けた馬を見ても明らかです。ハクサンムーンは逃げ馬ですし、スノードラゴンは差し馬。バランスの良い馬よりも一芸に秀でたタイプを狙うのが良いでしょう。

前走は基本3つ

昨年の勝ち馬エアロヴェロシティを除けば、馬券になった馬の前走は、シルクロードS、阪急杯、オーシャンSの3つに限られます。

中でも人気以上に好走している馬を多数輩出しているのはオーシャンS。中山1200mは大変ですから、そこから中京へ移ることでより力を発揮する馬が多いのでしょう。

オープン特別とか、条件戦からやってくるような馬では、重賞戦線で走ってきた馬に歯が立ちません。

前走着順が良い馬

短距離戦だからでしょうか、近走の好成績の馬ばかりが馬券になっています。

ハクサンムーンは逃げ馬なので前走着順は関係ないですし、カレンチャンは休み明けのオーシャンSで斤量を背負って負けた後、とそれなりに理由が明確です。

前走あまりにも負け過ぎの馬がここで巻き返すのは厳しいです。

登録馬

アクティブミノル 57.0
アルビアーノ 55.0
アースソニック 57.0
ウキヨノカゼ 55.0
ウリウリ 55.0
エイシンブルズアイ 57.0
サクラゴスペル 57.0
サトノルパン 57.0
サドンストーム 57.0
スギノエンデバー 57.0
スノードラゴン 57.0
ダンスディレクター 57.0※回避・左前肢に違和感
ティーハーフ 57.0
ハクサンムーン 57.0
ビッグアーサー 57.0
ヒルノデイバロー 57.0
ブラヴィッシモ 57.0
ミッキーアイル 57.0
レッツゴードンキ 55.0
ローレルベローチェ 57.0
ワキノブレイブ 57.0

外国馬
エアロヴェロシティ 57.0
※仙痛で回避とのこと。

スポンサーリンク