マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

関屋記念・クソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

 2016/08/07      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

掴みどころがない重賞、関屋記念。

直線が長いからといって、軽くてキレッキレの馬ばかりが上に来るかというとそうでもないし、だけど直前にある中京記念とは求められる適性が逆。

なんだかんだで格上と見られる実績馬はそこそこ走るので、「信じられん。。。」という結果にもなりづらい。

スポンサーリンク

関屋記念・過去5年データ

sekiyakinen.2015-2011data

平坦。軽い

マイルは基本タフなレースになりやすいですが、新潟は平坦で軽め。

ジャスタウェイが差し損ねているように、意外と前が止まらなかったり、牝馬でも踏ん張ったり出来てしまいます。

中京記念で凡走した馬

中京記念からの馬が多いですが、そこの結果はあまり鵜呑みにしない方が良いかも・・・

好走している馬はダメです。むしろ凡走していて欲しい。

似たり寄ったりの実力だから、夏の間に1度本気で走ってしまうと、もうお釣りがないのです。連続好走出来るタフガイは滅多にいません。

ヌーンッと伸びる馬

新潟では、しばしばシンボリクリスエス産駒が穴を開けます。

不器用なため、別の競馬場では加速が間に合わないのですが、新潟なら600m以上使ってパワー全開。というイメージ。

サトノギャラントやヤングマンパワーのような馬がいれば狙いたいです。

軽~いタイプの格下でも足りる?

ここ2年こそ前走重賞、GⅠの馬が上位を占めていますが、その前は条件戦からでも馬券圏内は普通に来ています。相手関係の問題もあるっちゃありますが、ないっちゃないです。

どうせ調子も実力もよくわからないのなら、弱い馬が一矢報いる前提で予想したっていいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク