マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

皐月賞クソ予想。思い通りになることなんて滅多にありませんからね

     競馬予想

競馬ファンとしては痺れる闘いに期待が膨らみますが、馬券ファンとしては上位人気馬と伏兵人の実力差に目眩がします。

雨が降って馬場が荒れれば弱い馬がどうにかなる確率は益々減るでしょう。

スポンサーリンク

皐月賞クソ予想

◎ディーマジェスティ
◯エアスピネル
▲リオンディーズ
☆ナムラシングン
△ジョルジュサンク
△サトノダイヤモンド
△マカヒキ

馬券名人がこぞって勝負を避けるレースこそ事件が起きたりするものです。

馬券も人生も、思い通りになることなんてそう滅多にありません。でも、だからこそ具体的に夢を願望を描き切るというのは大事なことです。なにせ無料ですから。

アンライバルドが勝ったときみたいになって欲しいです。かなり希望的観測ですが、下位人気勢は後ろにいてもどうしょうもないからある程度飛ばすと思うんです。前半ゆっくりだとしても向こう正面~3コーナーではグイッとペースが上がるはず。

で、激しい差し合いになったらなったで半端な馬は上位い来れず、前にいた馬も粘れるはずもなく、という力と力のぶつかり合い。

そして、実は相当強かったのねパターンでディーマジェスティ1着。エアスピネルは激流に巻き込まれない位置で競馬して2着。リオンディーズは何もかも関係ないので放置。

道中ポケットにスポッと収まったナムラシングンがうまいこと捌いてコソッと3着に来たりしないかな・・・ヴィクトワールピサ産駒ですから、ないことはないでしょう。

1頭ぐらい先行馬、ジョルジュじゃなくてヴィクトワールピサ産駒のジョルジュサンク。脚質はまだ当てにならないですし、母父ラムタラはいい感じ。

サトノダイヤモンドは再三色んなところで言われているように、きらさぎ賞からの直行ローテであることと、圧倒的な体力任せのスタイルがここで合うとは思えず。
体力一辺倒の馬が皐月賞を勝つというのは、本当の化物か、あるいはここで怪我しちゃうくらい危険なことです。

マカヒキは弥生賞がスムーズ過ぎます。弥生賞と皐月賞は同じコースでありながらまるで違うレースであることを考えると、あそこで上手に走り過ぎているのは不安にしかなりません。
そして、差し馬なのに内枠で川田騎手。じっくり構えて大外から、という形が目に見えています。

という感じで2頭は4着以下に負けて下さい。お願いします。

スポンサーリンク