マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

産経大阪杯クソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

今週は産経大阪杯。来年からGⅠですって。時代の流れを感じます。

毎年好メンバーが揃うためスーパーGⅡなどと呼ばれていますが、1番人気が全然崩れないので馬券的にはつまらない悩ましいレースです。

データがどうこうよりも、純粋に強いけど舐められている馬を見つけてそこから買うのが良いと思います。

スポンサーリンク

産経大阪杯・過去5年データ

sankeiosakahai-data-2015-2011※2014キズナの前走が東京優駿になっていますが凱旋門賞の誤りですm(_ _)m

前走GⅠではない馬の見極め

前走GⅠ組の安定感が半端じゃありません。

基本的に人気以上に走っているのは前走GⅡ以下の馬。この辺は純粋に強い馬を拾わなければいけないので判断が難しいです。

2015。エアソミュールは不良馬場でグレイソヴリンの血が生きたとか?そもそも能力はある馬。
2014。トウカイパラダイスは展開的に恵まれる可能性が高かった。
2012。ショウナンマイティはハマればすごい脚を持っていることはみんなわかっていたけど人気に反映されなかった。
2011。ダークシャドウ。強いらしいけど有名な馬に隠れて人気がなかった。

だいたいこんな感じでしょうか。今年のメンバーを見ると当てはまる奴がいないんですけど・・・

要はレースをよく観ろってことですね。

前走GⅠはなんだかんだで強い

逆に前走GⅠでそこそこの走りをしてるにも関わらず人気がない馬は買いです。実力馬がすんなり力を発揮しやすいレースなので。

まとめ

今年のメンバーはなんかすごくいやらしい感じですね。人気を背負う馬がみんな前走バラバラ。ラブリーデイとk

ラブリーデイを信用し過ぎない方がいいかもよ、と思っています。勘ですけど。

スポンサーリンク