マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

クイーンCクソ展望。過去5年データ、穴馬の傾向

 2016/01/06      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

昨年はここで2着だったミッキークイーンが後にオークス、秋華賞を制して2冠馬に。
近年はクラシック好走馬を出す注目の出世レースになっています。

2歳時に重賞を勝っている馬や、暮れの阪神JFで好走した実績のある馬はどちらかというと信用しづらいです。

特に無駄に使い込んでいる馬や、賞金稼ぎの帳尻合わせ的な魂胆が見え隠れする馬は期待されているよりも下の着順になってしまいがち。

とはいえ、そこまで大荒れというレースでもなく、基本に充実に横の比較は丹念にするべきだと思います。

スポンサーリンク

クイーンC・過去5年データ

queencup-data-2015-2011※画像はクリックで拡大します

稼ぐ馬と素質馬のデビュー時期

早くから使われて暮れの阪神JFを目指す馬と、目標はあくまでクラシック、使い出しは秋冬という馬がようやく出そろうこの時期、通常は秋冬組が上位です。

早期デビュー組はそろそろ疲れも溜まってくる頃。無理やり使っている馬よりも桜花賞から逆算してローテーションを組んでいる馬の方が能力も状態も優っているケースが多いです。

闘志全開よりも、ヌルっと走ってくる体力バカ

3歳2月のマイル戦。牝馬にとってはなかなかハードです。

瞬間的なキレとか、強い相手に闘志むき出しで激走する馬よりも、豊富な体力でヌルっと勝ち上がってくる馬の方が有利です。

カッカしている奴や、馬群に突っ込んで相手をねじ伏せるような気の利いた馬よりも、多少不器用でもいいからのんびり屋さん、取り敢えずスピードスタミナ及第点みたいな馬の方が頑張りやすいのです。

意味がわかりませんか。そうですか。

マイルに強い血統・ダイワメジャー産駒

なんだかんだでマイルは強いダイワメジャー産駒。

特に牝馬の戦いだと、その基礎的な能力の高さで上に持って来ることが出来てしまいます。人気薄のマイル血統を狙うのはありでしょう。

2011年2着のマイネイサベルの父テレグノシスはNHKマイルCの勝ち馬です。

スポンサーリンク