マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

弥生賞クソ回顧。マカヒキ快勝。今年のクラシックは?

     競馬回顧

弥生賞すごかったですねえ。

◎イマジンザットは・・・私の馬券は紙くずでしたが、強い馬同士の戦いはいいもんです。

マカヒキ、リオンディーズ、サトノダイヤモンド。なんで同じ年にこんな集まったの?ってくらい。

続いてエアスピネル、ディーマジェスティ、ロードクエストあたりがひしめき合ってますが、これがトップ3でも別に誰も文句言わないでしょう。

これにハートレーとか、スマートオーディンとか、まだ終わってないかもしれない伏兵も揃っています。

なんか今年はいつもと違う気がしますね。

牝馬にはメジャーエンブレムみたいな強烈な存在もいますし、大物感がある馬が多い。

最近競馬を見始めた人にとっては大きな節目の年になるんじゃないかとか思っています。
オルフェーヴル、ウオッカとダイワスカーレット、ディープインパクト、その前だとアグネスタキオン世代、スペシャルウィークの時代みたいな。
余計お世話かもしれませんが、そんなことを考えてました。

めちゃくちゃワクワクするいい年です。

上に挙げたマカヒキ、リオンディーズ、サトノダイヤモンド。クラシックが終わると、このうちの1頭は確実に無冠で終わるわけです。
メジャーエンブレムだって、もしから桜花賞で足元を救われて、オークスでは距離が持たず・・・なんてこともあり得ます。

ちょっとさびしいですよね。早く観たいような、観たくないような。

スポンサーリンク

皐月賞へ向けて

リオンディーズ、サトノダイヤモンドは皐月賞っぽくないですよね。

というかリオンディーズはちょっと怪しい気がします。今回は展開が向かなかったというのもありますが、そのままずっと向かない可能性もあります。皐月賞とダービー。2回しかチャンスはありませんからね。その辺はシビアです。

サトノダイヤモンド然り、ルメールは結構悠長に構えるので・・・

エアスピネルはまともに走ったら厳しいでしょうね。みんな感じていると思いますけど。武豊騎手がどんな手を打ってくるのか楽しみではあります。

ところでマカヒキは誰が乗るんでしょうね。ここらで日本人の若手騎手に一発やって欲しいんですが。

スポンサーリンク