マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

オーシャンSクソ展望。過去5年データ、穴馬の傾向

高松宮記念に繋がるステップレース、オーシャンS。

割りと新しいレースです。スーファミ、プレステでダビスタを楽しんだ私の脳内カレンダーには存在しません。

とにかく人気馬がコロッと負けます。それだけ中山1200mはキツイし、特殊なのでしょう。

スポンサーリンク

オーシャンS過去5年データ

oceans-data-2015-2011

前走為す術もなく負けた馬

穴馬を狙う人間は、前走の着順が悪ければ悪いほど興奮します。

前走糞味噌に凡走した馬がドッカンドッカン巻き返しているレースです。

汚い馬柱を必死で探してください。特に前走京都で何にも出来ずに回ってきただけの馬は大チャンスです。
上品な都より、西船橋の水が合う馬を。

初コース、久しぶりの中山

中山1200mは忙しいレースになるので、別路線とか、初コース、久しぶりの中山とか、新鮮な気持ちで戦える馬に注意です。
混戦の時ほど、鮮度は効いてきます。

サクラゴスペルを除けば、だいたいみんなそんな感じです。1200mに限らず重賞である程度勝負になる(掲示板くらい)能力の裏付けがあれば、後は鮮度がものを言う。

逆の逆の逆

前走京都で上手くいかずに負けた馬。
最近自分に合うレースに出ていなかった馬。
マイル路線から降りてきた、ダート路戦から追い出された馬。

起死回生、背水の陣です。

そんなところへ、ポロッとリピーターが来たりもする。
前走中山1200mの勢いそのままに。

逆の逆の逆を上手くつきたいところです。

結構サンデーサイレンス

冗談じゃなくて、人気以上に走っている馬はほとんどがサンデーサイレンスの血を持っています。

1200mはちょっと・・・とみんなが疑い始めた頃がチャンス。

サンデーの血は伊達ではありません。

まとめ

すごく難しいレースなので、当たってもまぐれ。外れてもまぐれです。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク