マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

オークス2017・クソ展望その2。今年から傾向が変わる?サンデー系VSノーザンダンサー系

     重賞展望

2017年のオークスで穴を開けそうな馬を探します。

リスグラシューは安定感と血統&武豊人気、ソウルスターリングは怪物信仰、アドマイヤミヤビの逆転への期待。上位人気3頭は、「そりゃあ人気になるよね」という要素を持っています。

逆に、リスグラシューはもう疲れた、ソウルスターリングはダンスインザムード現象、アドマイヤミヤビの生理現象アゲイン、なーんてことがあればとんでもない結果がもたらされるでしょう。

来てもおかしくないし、飛んでもおかしくない。だから、ほどほどに疑って、ほどほどに買うしかありません。

それじゃあ面白くないので、必死こいて味のある予想をしたいと思う今日此の頃です。

スポンサーリンク

オークス2017。サンデー系VSノーザンダンサー系

人気馬に弱点が少ない。おまけに春のクラシック、とくにダービーとオークスは信じられないような結果になることは少ないもんです。

それもこれも、近年の競馬の勢力図が、格好良くて人気になりやすいサンデー系に有利な構造、馬場だから。たまに出てくるノーザンダンサー系の強い馬はことごとく跳ね返されてきました。

だけど、今年はディープインパクト産駒が不振。特に牝馬。頼みの綱のファンディーナは皐月賞に出てみたものの不発だったうえに休養に入ってしまいました。

対してノーザンダンサー系は今年は好調。ここまで牝馬戦線でトップの実績、評価を集めているのはフランケル産駒のソウルスターリング。フローラSを勝ったのはハービンジャー産駒のモズカッチャン、2着のヤマカツグレースも同じ。500万下とはいえ、勝って勢いにのるモーヴサファイヤとディアドラ。

桜花賞を勝ったのはダイワメジャー産駒(サンデー系)のレーヌミノルですが、オークスは距離に不安がある。いくら陣営が強気でも、大きな括り、歴史的な視点で考えれば決して有利とは言えません。

そして、今回のオークスで注目度が高いのはハーツクライ産駒。桜花賞で2着のリスグラシュー、人気を集めたアドマイヤミヤビ。忘れな草賞勝ちのハローユニコーン、フローラS1番人気だったホウオウパフューム、他にレッドコルディス、マナローラ。これだけいればどれか勝ちそうな気もします。

オークス出走馬・ノーザンダンサー系の馬

モズカッチャン
ソウルスターリング
モーヴサファイヤ
ディアドラ
ヤマカツグレース

残りは全部サンデー系。5頭中ハービンジャー産駒が4頭もいます。ハーツクライ産駒の6頭に引けを取らないラインナップ。

サンデー系中心に考えると楽?

サンデー系で骨のありそうな馬を中心に考えていけば、ノーザンダンサー系をぱっさり切れるので楽です。

もともとオークスはノーザンダンサー系は弱いわけですし、条件戦から馬券圏内にくることも皆無なのだから、下手に自分で勝手なシナリオを組まないでいったほうが賢明なんじゃないでしょうか。

さすがにソウルスターリングは切れないよね、あとはモズカッチャンは重賞勝ちだから恐い、程度の雰囲気でハーツクライ産駒と適当に組み合わせれば当たりそう。

しかししかし、リスグラシューは1番人気で勝ち切れるの?アドマイヤミヤビはゲートの中で腹痛起こさない?

ともに人気馬ですし、ソウルスターリングが3着、モズカッチャンが4着とかになってしまうとなんともお通夜な的中馬券になってしまいます。そんなオークスはどうなんだろうか。

じゃあ、ソウルスターリング&ハービンジャー馬券で…いいの?

だったらソウルスターリングとハービンジャー軍団にしたほうが思い切りもいいし、配当はつきそう。なんだか男らしい馬券が買えそうです。

でもでも、オークスって外枠の方が好成績じゃなかったっけ?先週のヴィクトリアマイルも内が荒れてみんな外を回してたし①モズカッチャン②ソウルスターリングだよ?

そもそもオークスはサンデーが強いんでしょ?ソウルスターリングはともかく、モズカッチャンが歴史を覆すほど強い?

オークスで馬券になっているノーザンダンサー系はクロフネとかダートっぽい血統が多いです(アドマイヤミヤビだ…)。ダンチヒも重要ですが、あくまでもサンデーとの組み合わせだから成績が良いだけなんじゃないの?という疑惑もある。

なんだかんだでクラシック本番で負けちゃうあたりソウルスターリングにはサドラーズウェルズ系の呪縛を感じますし、ハービンジャーは「ここであっさり負けるからハービンジャー」という持ち前のキャラを崩さない、崩せない気がします。

あっちが立てば、こっちが立たない

当然といえば当然ですが、今年のノーザンダンサー系の出走馬には、過去の傾向に合致する馬がいません。

サンデー系はサンデー系で例年に比べるとインパクトが弱い。ディープインパクトも弱い。

結局、人気になっている3頭は実に優秀だということになってしまいます。

まとまらない

ノーザンダンサー派なら、モズカッチャン。成績の割に人気がないですし、インコースをきっかり回ってこれるし、連勝中というのはありとあらゆる不利を跳ね除ける不思議な力が働くものです。

サンデー系なら、ホウオウパフューム。前走1番人気で凡戦。スローを外回って沈没。まだわかりません。「まだわからない」に賭ける。

もう1頭、カリビアンゴールド。でも、これは枠が外過ぎるかも。馬群に入れられればなあ。

スポンサーリンク