マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

人気に囚われずに競馬予想をする簡単な方法。過去の実績と距離短縮

 2015/12/05      馬券収支向上作戦

人気に囚われずに競馬予想をするためには、人気に反映されづらい要素に注目する必要があります。

競馬の人気を決めるのは、主に新聞の情報です。これは昔から変わりません。

新聞の情報は主に何かというと、厩舎情報です。
調教のタイムが良いとか、調教師が手応えを感じているとか、有名な馬の子供だから期待されているとか、そんなところです。

ちょっと馬券を買うようになれば、それがいかに当てにならないか、わかるようになります。

でもじゃあどうすれば良いの?という話になります。

簡単なのは、過去の実績と距離短縮です。

スポンサーリンク

過去の実績と距離短縮

例えば中山芝1200mのレースの予想をするとします。

まず真っ先にやるべきなのは、過去に同じコースで好走歴があるけど前走凡走している馬、前走1400m以上のレースに出走していた馬(出来れば先行)を見つけることです。

過去に好走歴がある馬は、また同じコースで走ったらやっぱり好走しやすいです。当たり前ですよね?

でも前走京都コースに出走して着外に凡走しているとそれだけで人気は落ちやすくなります。

例を京都コースにしたのは、開催が重なったり前後しているので使われる機会が多いことと、京都は直線が平坦中山は急坂とコースの特徴が正反対なため前走の着順が当てにならないからです。

前走との関連性が薄ければ薄いほど、馬は変わり身を見せて大敗からの巻き返す可能性が高くなります。

前走着順が良い馬は新聞も取り上げますし、お客さんも心理的に買いやすいからです。でも、大衆心理に乗っかってはいけません。

連続好走馬は期待値が低い

コース実績があって、前走凡走している馬を狙うのは単純に期待値が高いからです。

前走2着の馬が、今回1着になったら、自然と配当は安くなります。当たり前ですよね。人気になりやすいんですから。

でも、毎度馬券に絡む馬なんてそうそういません。一度好走したら次は凡走する確率も高くなります。

前走好走していて、今回配当が安くなるとわかりきっている馬を狙うのって馬鹿馬鹿しいと思いませんか?コケる可能性だって十分高いのに、的中しても見返りが少ないんですから。

だったら同じように好走する可能性を秘めていて、尚且つ高配当を見込める馬を狙った方が長い目で見てお得です。

単勝3倍は、3回に1回当てればチャラ。単勝10倍は10回に1回当てればチャラ。どっちが簡単ですか?

おまけに言うと、長い目で見てお得ということは、今この瞬間もお得なのです。

短縮狙いがおすすめな理由

信じる信じないはあなた次第ですが、基本的に競走馬は短縮を好みます。あるいは、同じ条件で何度も走ると飽きてきて凡走しやすくなると言っても良いかもしれません。

今まで凡走を続けていた馬が突如好走するには何かしら変化が必要です。ショック療法と呼ばれたりもしますが、短縮もそのひとつ。

単純に統計をとると数字が良いというのも理由のひとつですが、何よりも馬柱だけを見て特に理由も考えずに買えるのが一番の魅力です。

今回距離短縮で、かつ前走先行してい馬。これを狙うだけで儲かる(確率が高くなる)のですからやらない手はありませんよね?

最初は訳がわからなくても良いと思います。慣れてくれば、なんとなく感覚がつかめると思います。
先行していてもダメな短縮とか、短縮が苦手な馬はどんなタイプかとか、わかってきます。
逆に、短縮に注目するということは、距離延長も、同距離も自然と頭に入ってきます。

取り敢えず一つ、予想の軸として短縮を覚えるのは非常にオススメです。

自然と複数の要素が絡み合う

短縮を狙うやり方は、自然と過去の実績がある馬を買うことになるパターンが多いです。

中山1200実績がある馬が、前走東京1400で先行して凡走。今回中山1200に戻ってきた。みたいな。

他にも中山1200実績があるということは、血統的にも前向きな要素があって・・・etc

いざ当たったら、中山1200が得意な騎手だったというのもあるかもしれません。

「たまたまの的中」に後から納得のいく理由を見つけやすくなるのも良い点です。

そのときはたまたまでも、理由を考えられるようになれば次にも繋がります。勉強しながら馬券力をつけていくという意味で非常に優れた作戦なのです。

どうやって回収率100%超えを果たすのか

競馬で勝つために必要なのは、他人が注目していない要素で自分の本命を決めることです。

  • 他人が注目していない⇨人気がない
  • 人気がない⇨配当が高くなる
  • 配当が高くなる⇨当たった時にデカイ

という単純な話です。

馬券の控除率は券種によって違いますが75~80%なのでみんなと同じ馬券を買っていては、控除率の壁を破るのはかなり難しいです。

極端な話、回収率100%を超えるには、超高精度な予想を目指すか、爆発的な配当を狙うか、どちらかに徹するしかありません。

間をとって中穴というのが理想的ではありますが、最近は美味しそうな馬が穴人気になるという罠も多いです。

ですから、基本的に現実的な大穴狙いに張っていれば自然と中穴に収まります。

取り敢えず人気から入るのはやめておく。初心者ほど気をつけるべきだと思います。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク