マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

NHKマイルカップ・クソ展望②・どこの馬の骨かもわからないやつ含め必死に考察する荒行

     重賞展望

なんだか一昔前よりも存在感が薄くなってきた気がするNHKマイルカップですが、今年はメジャーエンブレムの参戦により多少雰囲気が違います。

あれよあれよという間にゴールデンウィーク本編も終わり、後はエピローグ、PS的な週末を残すのみとなりました。NHKマイルカップの枠順も決まり、GWがGWでなかった人も微妙な気持ちにおさらばできるのではないでしょうか。

◆NHKマイルカップ枠順
1-1 シュウジ(牡3、岩田康誠・須貝尚介)
1-2 エクラミレネール(牝3、大野拓弥・高橋裕)
2-3 アーバンキッド(牡3、H.ボウマン・斎藤誠)
2-4 メジャーエンブレム(牝3、C.ルメール・田村康仁)
3-5 ロードクエスト(牡3、池添謙一・小島茂之)
3-6 ティソーナ(牡3、M.デムーロ・藤沢和雄)
4-7 トウショウドラフタ(牡3、田辺裕信・萱野浩二)
4-8 イモータル(牡3、戸崎圭太・須貝尚介)
5-9 シャドウアプローチ(牡3、T.ベリー・須貝尚介)
5-10 ダンツプリウス(牡3、丸山元気・山内研二)
6-11 ペルソナリテ(牝3、柴田大知・相沢郁)
6-12 ハクサンルドルフ(牡3、内田博幸・西園正都)
7-13 シゲルノコギリザメ(牡3、松岡正海・谷潔)
7-14 ブレイブスマッシュ(牡3、横山典弘・小笠倫弘)
7-15 ストーミーシー(牡3、江田照男・斎藤誠)
8-16 カネノイロ(牡3、蛯名正義・佐藤吉勝)
8-17 ブランボヌール(牝3、三浦皇成・中竹和也)
8-18 レインボーライン(牡3、福永祐一・浅見秀一)

メジャーエンブレムもロードクエストも内枠かよ・・・ですね。
穴党穴派としては「ゴールドアクターの悲劇再び」を期待していたのですが。
これはこれで包まれる危険性もあるということで、希望は捨てないでいこうと思います。

スポンサーリンク

NHKマイルカップ・全頭考察

1-1 シュウジ(牡3、岩田康誠・須貝尚介)

血統・ローテーションから特に強調材料なし。
距離が伸びて良い訳でもない馬が延長でGⅠというのはいかにも苦しいと思います。

「もう終わった。早熟だ」と思わせておいて1200mへ短縮で出てきたときに復活するパターン。
でも、一部の人はそれを待っているから微妙に人気なって迷う・・・まで見えています。

1-2 エクラミレネール(牝3、大野拓弥・高橋裕)

今年のニュージーランドTは、明らかに東京マイルへ行って沈没しそうな馬が上位を占めました。

前哨戦大激走→本番も一発!という馬はこれまでに出ていません。

マツリダゴッホらしい馬が東京マイルで更にパフォーマンスを上げるとも思えず。

2-3 アーバンキッド(牡3、H.ボウマン・斎藤誠)

石橋→ボウマンという強烈な鞍上強化で覚醒するかもしれません。

いい馬だと思うんですが、ドンピシャ感がないですよね。ここなの?って感じ。

ハーツクライ産駒はジャスタウェイが安田記念を勝っていますが、「ジャスタウェイでもあれだけ苦しむんだ」という解釈もできます。母父スウェイン(その父ブラッシンググルーム)はキングジョージ連覇&ドバイWC2着。フレンチデピュティが猛威を奮うこのレースですから、ちょっと違うよね・・・

2-4 メジャーエンブレム(牝3、C.ルメール・田村康仁)

みんなわかっていると思います。みんなが思っていることが正しいはずです。

あとはどれだけ他馬から絡まれるか。

3-5 ロードクエスト(牡3、池添謙一・小島茂之)

この馬がマツリダゴッホ産駒じゃなければ普通に買うんですが。

「2歳戦のあれはバケモノだ!って、いつまで言ってんだよ」になるか「ほらね!俺は信じてたんだ」になるか。

大概、こういう時は前者です。2歳戦から隈なくレースを見てきた人はクラシック本番のレースを当てるのが下手なのは競馬界の常識です。

3-6 ティソーナ(牡3、M.デムーロ・藤沢和雄)

で?

で?

4-7 トウショウドラフタ(牡3、田辺裕信・萱野浩二)

無理でしょうね。

4-8 イモータル(牡3、戸崎圭太・須貝尚介)

ローテーションは良いです。何も考えずに買っていいやつです。

だけど、馬がいまいちピンときません。上がり最速でガンガンくるわけでもなく、最後にちょっとヒヨってしまうあの感じ。

5-9 シャドウアプローチ(牡3、T.ベリー・須貝尚介)

須貝厩舎3頭出しなんですね(笑)

母父フレンチデピュティ。朝日杯3着。外国人騎手。と買えそうな要素が多いです。

でも、休み明けはそんなに良くないレースですし・・・父ジャングルポケットってなんか違くね?

5-10 ダンツプリウス(牡3、丸山元気・山内研二)

ダメでしょうね。東京じゃない感が満載。

メジャーエンブレムについて行って、叩き合い?マッチレース?

6-11 ペルソナリテ(牝3、柴田大知・相沢郁)

阪神JFの豪脚がハマれば・・・というのは期待しない方が良いと思います。

6-12 ハクサンルドルフ(牡3、内田博幸・西園正都)

無理です。

7-13 シゲルノコギリザメ(牡3、松岡正海・谷潔)

しっかりメジャーエンブレムに被せていって欲しいですね。

7-14 ブレイブスマッシュ(牡3、横山典弘・小笠倫弘)

一番買いやすい馬のような気がします。でも2000mでダメダメなところを見るとなんか足りない。もうひと押し欲しい。

ところで「トーセン」は馬名にトーセンをつけるのを辞めましたけど、それでもダサいってどういうことなんでしょうか。しかも愛敬のないダサさ。
シゲルノコギリザメと並ぶと余計恥ずかしい。往生際の悪さが目立ちます。

この馬の母の母はアナスミラビリスという大変ややこしい馬名です。気になる人はグーグルで検索してみて下さい。

7-15 ストーミーシー(牡3、江田照男・斎藤誠)

これも無理。東京マイルで上がるタイプではないと思います。

8-16 カネノイロ(牡3、蛯名正義・佐藤吉勝)

馬名の由来は「鐘の音色より」です。なんでカネノネイロにしなかったんでしょうね。気になります。

父パイロ。ダート血統だし目を瞑って買ってもいいかもしれません。

ですが、蛯名騎手は枠なりに乗る傾向があるので、内枠有利なこのレースではちょっと期待薄。

8-17 ブランボヌール(牝3、三浦皇成・中竹和也)

内枠だったら・・・でも買ってもいいんじゃないでしょうか。ディープインパクトだし。

「2歳時にファンタジーSとか出ていて、3歳になって徐々に着順を落とす馬」って誰が見ても弱いと思って舐められやすいんですが、そういうやつに限って来たりする。それが怖いです。

8-18 レインボーライン(牡3、福永祐一・浅見秀一)

外枠で喜ぶステイゴールド産駒はゴールドシップだけじゃないでしょうか。絶望的な枠順。

でも、母父フレンチデピュティなのがすごくやっかいです。昨年のグランシルクみたいに消化不良になりそうな気もする。買える要素は持っているので、人気がないのならありだと思います。

まとめ

やけに難しいですよね。いったい誰を本命にすればいいんでしょうか。

「もし、メジャーエンブレムが潰れるとしたら・・・」とか考えないと見えてこないんでしょうねえ。

あと2日。必死で捻り出します。

スポンサーリンク