マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

NHKマイルカップ・クソ回顧。血統は枠を吹っ飛ばす。

     競馬回顧

うなぎを食べるということは、カレーを食べるという未来を捨てることになる

みたいなことを村上龍が言ってました。村上龍ではなかったかもしれません。

競馬も一緒だと思います。

事前に考えた、これもあるぞ、と想定していたけど辞めた予想。
結果裏目に出て、「ああ、そっちかー」というやつ。

でも、レース前に「そっち」を捨てたのは自分です。

スポンサーリンク

NHKマイルカップ結果

1着◯メジャーエンブレム
2着△ロードクエスト
3着△レインボーライン
4着 ダンツプリウス
5着 トウショウドラフタ
・・・
16着◎アーバンキット

重賞を勝ったことがある馬が上位独占。
メジャーエンブレムはともかく、あとはハイペースになったから上に来たぞ、なメンバー。

アーバンキットはちょっと急ぎすぎましたね。控えても馬券には絡めなかった気がしますけど。

シュウジではなく、レインボーラインを☆にしていれば当たりでした。印の打ち方がなあ・・・
でも、こういうのは紙一重のようでそうでもないと思います。

レインボーラインは買う要素がきちんとありました。

  • 母父フレンチデピュティはNHKマイルに相性抜群。
  • 前走不利があって負けている。
  • 重賞勝ちの実績があるのでここでも通用する。

別に難しいことを考えなくても、馬券になる理由がはっきりとわかる馬です。

でも外枠だしなあ・・・ステイゴールドでC系だから余計買いづらいなあ・・・ってみんな迷ったと思います。私はかなり迷いました。

迷いましたが、「血統が良いからとりあえず入れとけ」という結論に至って△。だから何回予想しても本命はおろか、☆とか▲にもしなかったと思います。内枠にあれだけ買えそうな馬が固まると順番が回ってきません。

ある程度、競馬を覚えて情報収集するようになると、買い要素とか消し要素って簡単にわかるようになります。
そこまでは腕の違いなんかではなく、単に情報収集をやるかやらないかだけの話です。

いざ予想するときに、集めてきた情報を整理して、どれを上にとるか、どれを捨てるかが一番重要。上手な人ほど余計な情報を見事に捨てているような気がします。

今回のNHKマイルカップは、「枠なんて関係ねえ。フレンチデピュティだからレインボーラインだ!」と言えた人の勝ちです。血統が良ければ枠の悪さは目を瞑ろう、という勇気が必要でした。
もちろん枠がすべてを凌駕するときもありますから、難しいです。
でも、決める時はビシっと決めないといけませんねえ。

これって普通の仕事でも同じですよね・・・かき集めるだけなら誰でも出来る。でも、整理してまとめるのが大変。要らないものを捨て、こうと決めたら最後までやり切る。

来週こそ見事にGⅠを当てて自慢したいですねえ。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク