マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

根岸Sクソ展望。過去5年データ、穴馬の傾向

 2016/01/06      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

待ちに待った府中の開幕です。個人的な馬券は、1月はちょっと半端な感じだったのでここからエンジン全開で参りたいと思います。

根岸ステークスは基本的に荒れるレースです。

昨年は1,2番人気のワンツーという一見味気ないレースでしたが、3着のアドマイヤロイヤルは15番人気でした。
過去5年で見てもガンジスとエアハリファ以外はみんな吹っ飛んでいます。穴党の頑張りどころですね。

スポンサーリンク

根岸S過去5年データ

negishis-data-2015-2011※画像はクリックで拡大します

1番人気で飛んだ馬の特徴

2014年のブライトライン、2012年のダノンカモンは前走JCダートで掲示板に載る好走でしたが、ここで馬券圏外に負けています。

彼らの能力を考えるとJCダートで掲示板というのは激走の部類ですから、反動が出たと言えるでしょう。

2011年のケイアイガーベラは先行馬で、明らかにマークがきつい展開。そりゃ普通に飛んでもおかしくないよ、という感じです。

今年の人気馬は?

ネット競馬では、モーニンとタガノトネールが人気を分け合う形。なんか無難に走ってしまいそうな雰囲気ですね。

モーニンはまだ若いし、武蔵野S以来で余裕のローテ。
タガノトネールも土曜に武蔵野S以来。悪くないローテーションです。

かといって鉄板という訳でもないので、対抗以上の評価は必要ないと思います。どちらかというとやっぱりモーニンの方が信用できそうです。

前走上がり3ハロン順位が1位(3位以内)

勝ち馬はことごとく前走上がり3位内です。

連対圏内の馬を検討するときは上がり順位はきちんと見ておいたほうが良いでしょう。むしろ必須条件かもしれません。

短縮

「まあまあ」ぐらいな感じですが、「なんでお前が」を捕まえるには短縮狙いは悪くないです。

登録馬の中では、プロトコルが一番良さそうです。

血統・サンデーサイレンス

ざっくりですが、穴を開けているのはだいたい父か母父サンデー系です。

押さえに乱れ打ちもありなんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク