マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

鳴尾記念クソ予想。

     競馬予想

昨年はラブリーデイが快勝、その後宝塚記念~京都大賞典~天皇賞秋も勝ち一気に素質開花。

なんだかんだでポツポツと宝塚記念好走馬を送り出しているので重要な前哨戦です。

今年も不思議なメンバーが揃いました。実績ではステファノスが断然で、その後にサトノノブレス、ヤマカツエース、アズマシャトルが並ぶ感じ。他とは差がある感じがしますが、案外人気馬がコロッと負けるレースでもあります。

過去4年を見ると、前走新潟や京都でキレ負けした馬が良く来ています。他にはトニービンの血も大事。

スポンサーリンク

鳴尾記念クソ予想

◎クランモンタナ
◯ヤマカツエース
▲ステファノス
☆マジェスティハーツ
△サトノノブレス
△プランスペスカ
△アズマシャトル

◎クランモンタナは母父トニービン。何を目指しているのかよくわからないディープインパクト産駒。重賞実績は新潟記念の2着が最高ですが、別に直線が長いコースが得意というわけでもなく、キレる脚もない。

最近はもっぱら小回り2000mでいい競馬。外回りコースで凡走の交互を繰り返しています。今回は走る番なので奇跡待ち。

人気のステファノスとヤマカツエースは「ここは本番へ向けて叩き台です」と宣言しているようなもの。サトノノブレスだけはここ狙いな雰囲気(GⅠでは足りないことがわかっているので)。

でも、そういう人間の思惑と競馬の着順はそこまでリンクしません。無視します。

マジェスティハーツとアズマシャトルは昨年2着で舞台は合うのですが、リピーターレースって感じでもないのでそこまで強調出来ず。マジェスティハーツはダート→芝のショック、アズマシャトルは休み明けでフレッシュ。絶妙な状況なので拾うだけ拾っておけばいいかという雰囲気です。

◎クランモンタナと同じ、前走都大路S組ではプランスペスカ面白そうです。この馬、実は2000mのレースを走ったことがありません。やたら2200mばかり使われています。初の小回り2000で火事場の馬鹿力が発揮されることを期待します。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク