マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

毎日杯クソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

2013年はここを勝ったキズナがダービー制覇。かつてはクロフネやキングカメハメハ、ディープスカイ、ダノンシャンティなどGⅠ馬を多数輩出。

なので、「出世レース」と言われやすいのですが、もちろん年によるのであまり期待しないであげた方が馬には優しい気がします。

スポンサーリンク

毎日杯・過去5年データ

mainichihai-data-2015-2011

毎日杯・穴馬の傾向

前走・共同通信&きさらぎ賞

前走共同通信杯かきさらぎ賞の馬が好成績です。3月の皐月賞トライアルを潔く諦めてここに回ってきた馬が良いということでしょう。

キズナは弥生賞からでしたが、皐月賞を諦めてここへ出ていたので、腹を括っているという点では共通します。

末脚勝負。速い上がりを使える馬

阪神1800mは外回りで直線が長いので末脚勝負になります。

これまでのレースでそれなりの脚を見せている馬でなければ厳しい。東京や京都で34秒台前半から33秒の伸びのある末脚を見せていた馬は注意。

ただ、そういう馬は人気になりがち。

初重賞

重賞で頭打ち感がある自称・良血の素質馬よりも、ここが初重賞の馬の方が狙えます。

重賞でくすぶっていて、ここで突破というパターンに賭けるなら明確な理由が欲しいです。展開の不利に泣かされて続けているとか、明らかに成長が追いついてなかったとか。

基本的に2歳時から3歳1、2月までの重賞で、人気にもならず、馬券に絡まずという平凡で中途半端なベテラン馬にはあまり期待しない方が良いです。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク