マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

レパードステークス・クソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

 2016/07/31      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

新潟ダート1800mで行われる3歳限定の重賞。

ここから飛躍して重賞戦線で長く活躍する馬を多数輩出する重要なレースです。

ポイントは、「将来に繋がる」「平坦左回り」といったところ。

スポンサーリンク

レパードS・過去5年データ

leopardstakes.2015-2011data

基本的に評判の良い馬は無難に好走してしまいます。無理して切るのは無謀。

穴を狙うならピンポイントで3着を掠め取るようなやつを拾うしかありません。

穴馬の傾向

対古馬での実績

単純に、強いのに舐められている馬を探すのが手っ取り早いでしょう。

前走条件戦、あるいは地方だとしても古馬と一緒のレースで勝っている馬は期待大。3歳限定戦での勝ちっぷり、見た目の派手さよりも、確実に「能力の裏付けが取れる」の格の高いレースを見た方が確実です。

とにかく実績重視。前走JDD

3歳の猛者が集まる「ジャパンダートダービー」で掲示板に来るようならば、レパードステークスでは馬券になる可能性があります。

逆に、掲示板に載れなければかなり厳しい。

どうしても人気になるのであまり有効ではありませんが、だいたいの目安としては使えるのではないでしょうか。

血統・長距離を走れそうな雰囲気

人気に応えた馬はともかく、穴を開けた馬のほとんどは、父が「長距離に実績がある馬」ばかりです。

シンボリクリスエス、スクリーンヒーローは産駒が2400m以上のGⅠを勝っていますし、ディープスカイはダービー馬。ゴールドアリュールに関しては言わずもがな、ダート中距離以上では文句なしの実績です。

古馬に勝っていようが、重賞実績があろうが、血統的に短距離寄りだと穴を開ける可能性は低くなります。

スポンサーリンク