マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

京都記念クソ展望。過去5年データ、穴馬の傾向

 2016/01/06      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

最近はドバイの前哨戦にされたりする関係でスターホースが参戦してくる機会が増えた京都記念です。

昨年はキズナ&ハープスターが沈没。
その前はジェンティルドンナ、ジャスタウェイ(本格化前)がグダグダ。

かと思いきや、もう少し前になるとアドマイヤムーンやブエナビスタがきっちり勝っています。
この手のデータは近年の傾向を重視しするのが基本なので、昔のイメージは払拭した方が良いと思います。

ひとつ言えるのはバカみたいな差し作戦は通用しないということです。気の利いた位置取りを取れる馬じゃないと信用できません。

スポンサーリンク

京都記念・過去5年データ

kyotokinen-data-2015-2011※画像はクリックで拡大します

なぜか外枠有利

なぜか7,8枠がバンバン馬券になっています。外差し決着が多いわけでもないのですが。

取り敢えず有利なもんは有利なのでしょう。内枠狙い癖がある人は頭に入れておいて損はないと思います。

前走GⅠ組

なんだかんだで前走GⅠ組は強いです。満遍なく走っており、ボロクソに負けることも少ない。特にJC、有馬組は要注意。
ただ、人気でも走ってしまいやすいので、ハープスターの脚質ように極端に嫌う要素がなければ抑えておくのが無難。

まとめ

前走日経新春杯を勝ったレーヴミストラルが1番人気になるんでしょうか。あの極端な追い込みを1番人気またやるのかどうか。鞍上はこういうパターンでやらかしがちですし、相手も強くなり、ペース次第では案外、なんてこともありそう。

松田博資調教師が2月で定年なのでその関係で出走に踏み切ったのでしょうけども、「これを勝負がかりだ」と見るのは違う気がします。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク