マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

小倉記念・クソ予想。負けても人気になる馬の取り扱い

     競馬予想

夏休み真っ只中。花火大会の乱立。気温上昇で人々は海へ、プールへ。

今週は、1年の中でもっとも世間の競馬熱が冷めている週のような気がします。

拍車をかけるように小倉記念は少頭数。しかも絶妙なメンバー。難しいのに少頭数って本当大変です。

スポンサーリンク

小倉記念・クソ予想

◎テイエムイナズマ
◯アングライフェン
▲ベルーフ
☆メイショウナルト
△クランモンタナ
△サトノラーゼン
△ダコール

◎テイエムイナズマ。勝手な想像です。過去に福島2000mでダコールと僅差の4着になっているので多分、小回りは苦手ではないはず。だけどやたらワンターンの1600mか1800mばかり使われているので、ここでコロッと化けたら面白い。みたいな。

前走は逃げているので、今回は脚質チェンジでお願いします。

メイショウナルトがスルスル逃げて、テイエムイナズマがフワっと追いかける。そのあとアングライフェン。アングライフェンが勝ち負けするような競馬なら、テイエムイナズマもメイショウナルトも残るかも。

サトノラーゼンが先行して、みんなが捲って・・・という展開にならないのが理想。

小倉記念は、過去の傾向から、トニービンやステイゴールドを狙っていればだいたい当たる的なレースです。
小倉記念・クソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

しかしながら今年は少頭数なのでうまく選べたとしても少ない資金で高配当からの利益爆発は難しそう。1年中競馬をやっていればこういう週もあります。上手く調節したいですね。

負けても負けても人気になる馬

ご存知の通り、サトノラーゼンは昨年のダービー2着馬。その前に京都新聞杯も勝っている実績馬(実力馬とは言えない)です。

ところが夏の休養を挟んでからはグズグズ。年が開けて4歳になっても2桁着順が続いています。本来の走りを取り戻せばここで勝負になっても全然おかしくありませんが、得てしてそういう期待を掛けられる馬はいつまでも復活しません。

こんな馬は低評価、△ぐらいに留めておくのが無難。もちろん、復活する可能性だって0ではないのですが、この人気なら嫌っておいた方がお得です。今回サトノラーゼンの復活に賭けて見事馬券を的中させたとしてもあまり自慢になりません。

穴狙いはある意味保守的

リスクが高い賭けに自ら突っ込んでいく必要はないと思います。私は普段穴狙いの馬券ばかり買っていますが、それはある意味保守的な考えを持っているからです。

馬券は、絶妙なバランスで成り立っています。的中率を高めたければ回収率を犠牲にすることになり、回収率を高めたければ的中率を犠牲にすることになる。

天才的に予想が上手ければ、その都度レース毎に勝ち切る馬の馬券を選んでいれば良いのですが、実際はそう上手くいきません。

どっちも大変

人気サイドの馬券を買い続けるには、毎度きっちり当てなければいけない。穴狙いなら、それなりのスパンで資金を回収出来るように、毎度きっちり大回収出来るような馬券を買わなければいけない。

結局どっちを選んでも茨の道ですが、楽なのは穴狙いの方だと思っています。

でも、サトノラーゼンが復活したら馬券的には色んな意味で面白い存在になると思うので頑張って欲しいです。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク