マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

中山&京都金杯クソ予想。

     競馬予想

あけましておめでとうございます。

そんなに自信がない金杯。2016年はスロースタートになりそうです。

ロケットスタートしたこともないんですけど。

スポンサーリンク

中山金杯クソ予想

◎ネオリアリズム
◯フルーキー
▲マイネルフロスト
☆ブライトエンブレム
△ヤマカツエース

ネオリアリズムは、父ネオユニヴァース。有馬記念では同じ父のサウンズオブアースが2着でした。私の記憶では、有馬記念で馬券になった父の産駒は中山金杯でも走ります。馬場傾向が引き継がれやすいということでしょうか。

まだキャリアも浅く、すれてないところも良いですね。勢いで頑張ってくれるんじゃないでしょうか。

後はトップハンデは強い理論でフルーキー。

マイネルフロストと人気の4歳馬の扱いは迷います。片や地力に疑いあり、片や疲れが懸念され。かといって他に逆転できそうな気の利いた馬もおらず。

ヤマカツエースは大好きなんですが、夏から使いっぱなしの4歳馬というのが気になります。ブライトエンブレムは夏使っていませんが、4歳馬はなぜかこの時期うまくいなかいやつが多いのでちょっと評価下げ。

なんかんだで勢いのある馬が好成績な中山金杯です。前走GⅡで掲示板とか、前走1着とか。今年もあまり荒れない気がします。

京都金杯クソ予想

◎ケイティープライド
◯ウインプリメーラ
▲マジェスティハーツ
☆メイショウマンボ
△トーセンスターダム
△マーティンボロ

ケイティープライドディープインパクト産駒で内枠。やや足りないと思いますが、他に狙える馬もいないのでは。

メイショウマンボは、父スズカマンボが春の天皇賞を勝っている馬です。不思議と長距離に強い血統が上位にくる最近の京都金杯。完全に終わっているでしょうけどダメ元で。
なんでこの馬が・・・というパターンの筆頭ではないでしょうか。

意外と流れて内も詰まれば、トーセンスターダムとマーティンボロがズドンみたいなことはあるかもしれませんね。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク