マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

金鯱賞&ステイヤーズS・クソ予想。ファタモルガーナ伝説は続くのか

     競馬予想

東西で古馬のGⅡ。普通なら気持ちが高ぶってくるところなんですが、どちらも上位陣が崩れなそうな雰囲気・・・

そう思っているときに限って何かおかしなことになったりするので、淡い期待を胸に抱いて予想します。

スポンサーリンク

金鯱賞・クソ予想

◎レコンダイト
◯ヴォルシェーブ
▲サトノノブレス
☆パドルウィール
△トルークマクト
△シュンドルボン
△ヤマカツエース

中京の馬場がどんなもんかよくわかりませんが、冬ですし基本は差し馬が届くものだと思って予想。

◎レコンダイトは同じコースの中日新聞杯で3着。金鯱賞はグレイソヴリン系が強いですし、武豊騎手も上手くやってくれるでしょう。

☆パドルウィールは中京2000mでレコード勝ちあり。京都で負けてココへ来るローテーションもいい感じ。シレッと最内を先行してくればチャンスあるんじゃないでしょうか。スローになってレコンダイトがうんともすんとも言わなかったときに、こっちが替わりに頑張ってくれないかなあ的な。

△トルークマクトは多分力が全然足りませんが、不安を抱える実績馬よりは良いでしょう。ズブズブの闘いになり、人気馬がミスってくれれば3着になだれ込んでも不思議ではありません。

レコンダイトと同じハーツクライ産駒のシュンドルボンはエリザベス女王杯で走り過ぎたかも、というかあれが普通の走りだと思うので今回上昇は微妙な気がします。人気がないので買いますけど、メンバー強化の中で馬券に絡むほど走るかは疑問。

この舞台に実績がある馬には無理に逆らわない方が無難だろうと思います。過去の傾向から前走惨敗からの巻き返しが少ないのでサトノノブレスとヤマカツエースが飛んだらラッキー。ヴォルシェーブは勢いがあるのできっちり仕事をしそう。

リアファルとデニムアンドルビーは実績上位ですが、長期休養明けのわりに人気なのでやや評価下げ。

トーホウジャッカルは宝塚記念からの休み明けです。この馬はもうなんだかよくわかりませんが、とにかく馬券になる走りが出来ていないので多分ダメなのだと思います。期待するなら、ここでコロッと負けて有馬記念で人気落ちの激走の形。

ステイヤーズS・クソ予想

◎ウインインスパイア
◯アルバート
▲モンドインテロ
☆プレストウィック
△ファタモルガーナ
△マイネルメダリスト
△タマモベストプレイ

アルバートとモンドインテロに飛んでもらうよりも、ファタモルガーナとカムフィーに飛んでもらう方に期待したいレースです。

なぜなら、ファタモルガーナかカムフィーが3着の場合、その前にいるのはアルバートとモンドインテロである確率がめちゃくちゃ高い。だけど、アルバートとモンドインテロのワンツーだった場合の3着は変なのが突っ込んできてもおかしくありません。

当たり前ですね。でも、そんな当たり前に賭けたい日もあります。

ファタモルガーナ伝説の終焉・・・ということです。長距離と言えば、ステイヤーズSとダイヤモンドSと言えばファタモルガーナ。ときどき期待を裏切りながら2012年から続く大スペクタクルもそろそろ潮時じゃないでしょうか。そうなってくれないと今年のステイヤーズSは悲惨です。

◎ウインインスパイアは2600m、2500mで勝鞍があるように特殊な舞台で強いタイプ。前走は休み明けで福島記念(2000m)に出ましたが10着。道中いい感じに見えましたがスルッと負けました。追走が大変すぎてダメだったのでしょう。呼吸は大丈夫なんだけど、速筋を使いすぎて乳酸が溜まった、みたいな。

今回は3600mですから、「アレ?今日は疲れないぞ。心地いいなあ」と思って頑張ってくれるはずです。

あとはプレストウィック。春の福島でウインインスパイアに負けていますが、力差はないはず。札幌の丹頂Sではジャングルクルーズと僅差でしたが、アルゼンチン共和国を挟んだ分、今回はこっちの方が良いんじゃないでしょうか。そのアルゼンチンはスローの上がり勝負でまったくお呼びでない感じだったのも中山3600へ対する期待を煽ります。

△マイネルメダリストはいつ走るのか全然わかりませんが、昨年のステイヤーズSや今年の阪神大賞典は「あわや」でした。人気もないし、大間違いに期待します。

まとめ

アルバートとモンドインテロを1、2着においた3連単フォーメーションを買いたくなる欲求と戦っています。

スポンサーリンク