マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

菊花賞クソ予想。馬場読みは当たる?

     競馬予想

富士Sは真逆。上手に下手でした。

内の渋滞っぷりが半端じゃなかったな、なんて思ったんですが、そもそも富士Sはそういうことが多いレースのようです。だから今まで荒れていたんでしょうけど。
外れたのはとても残念ですが、堅い決着で良かったです。あまり痛くないので菊花賞への情熱を失わずに済みます。

今年の菊花賞は俗に言う、「買いたい馬がいない状態」です。カチッと傾向に当てはまる馬(昨年のゴールドシアターゴールドアクターのような)がいません。

おまけに血統的に魅力のある馬もいない。ディープがダメな菊花賞だからといって、替わりに浮上する血統馬が不在です。
まだ未知過ぎるハービンジャーと、なぜかスタミナタイプに入れられているゼンノロブロイという奇妙な2種牡馬が上位にいるという事態。悩ましいですね。

菊花賞過去データ、穴馬の傾向

スポンサーリンク

菊花賞クソ予想

◎ミュゼエイリアン
◯タンタアレグリア
▲ブライトエンブレム
☆ジュンツバサ
△サトノラーゼン
△リアルスティール
△リアファル

【馬券】
◎ミュゼエイリアン単複

3連複
◎~印
◎◯▲☆ボックス

枠と血統だけで選びます。臨戦過程や能力の比較は正直よくわからないし、毎年変わること。

◎ミュゼエイリアン

血統が一番良いのはこの馬です。

私はスクリーンヒーローって実はすごく万能なんじゃないかと思っています。
父ロベルト父母父ダンチヒ、母父サンデーとくれば日本のGⅠで走ってくれと言わんばかりの組み合わせです。
ミュゼエイリアンの母父エルコンドルパサーは、菊花賞馬も出しています。

理想は、
・リアファルがスタートで1歩前へ、後ろからしごいてしごいてスピリッツミノルが邪魔しにかかる。
・ミュゼエイリアンはその直後を平和に追走。
・後ろはリアルスティール、サトノラーゼン包囲網で徐々に引き離される。
・3コーナー、リアファルとスピリッツミノルはケンカ疲れを起こして脱落。
・ミュゼエイリアンが棚ぼた的抜け出し。そして、後ろはからは何にも来ない。

という展開です。

◯タンタアレグリア

内枠です。ディープよりはロブロイがいいんじゃないでしょうか。
どの馬も似たり寄ったりなら、内から順番に評価してくべきだと思います。

▲ブライトエンブレム

人気もないし、面白いと思います。狂気が良い方向に出れば勝ち切るかもしれません。
地味に長距離に強いネオユニヴァース産駒。混戦でガチャガチャすればするほど相対的に順位は上に上がってきます。

☆ジュンツバサ

ステイゴールド産駒。
もっと内だったら良かったんですが、開き直って内に潜って競馬して、気づけば3着というのはある気がします。
この馬もブライトエンブレムと同じような理屈です。変に勝ちを意識しなくても良いポジションも功を奏するはずです。

トニービンは2頭だけ

とても重要な血、トニービンを持っているのは、ミコラソンとタガノエスプレッソの2頭だけ。
タガノエスプレッソは可能性はあると思いますが、枠が致命傷。物理的なロスを跳ね返すほどの魅力があるかというと、ない。
ミコラソンは流石に力が足りな過ぎると思います。

ハービンジャーは菊花賞に向いてない

ハービンジャーが菊花賞で買える種牡馬なのかどうか、すごく気になりますよね。
ベルーフ、マッサビエル、スティーグリッツの3頭が出走します。

私はハービンジャーは徹底的に気が利かない種牡馬なので菊花賞は無理だと思っています。
レースぶりを見ているとダラダラ先行するとか、溜めて外から豪快に差し切るとか、自分自身が肉体的にものすごく強くないと問題を解決出来ないタイプです。

相手関係の中でしたたかに着順を上げてくるようなタイプではありません。S的な、激流で燃える性質も感じないですし。
余程能力的に抜けた馬じゃないと、菊花賞はちょっと厳しいと思います。

最近の馬場傾向

土曜の京都はハービンジャー、メイショウサムソンが爆発していましたね。
でもこれみんな人気馬。
多分、血統のせいじゃなくて強いから上位にきていただけなんですけど、菊花賞はどうなるかというのはとっても判断が難しいです。

私は思っきり無視する方向でいきたいと思います。極端に振ったほうがおもしろいし。

菊花賞過去データ、穴馬の傾向

スポンサーリンク