マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

重賞予想で穴馬を見つけるコツ。過去データをチェックするときに大切なポイント

重賞を予想するとき、もっぱら穴馬券を狙うときに大切なポイントは過去の傾向をきちんとチェックすることです。

過去の傾向をチェックするといっても、何を見ればいいのでしょうか?

そんなに複雑ではありません。こんな感じ。

  • 人気に推されて惨敗した馬の共通点を探す
  • 人気以上に走って3着位内に入った馬の共通点を探す
  • 今年のメンバーで同じような馬はいないか探す

で、その共通点はどうやって探すのよ?という話はこの先で。

スポンサーリンク

重賞の穴予想でデータをチェックするポイント

まずはデータを馬鹿にしない態度が重要です。

「データ」という言葉を見てアレルギー反応を示す人も多いのですが、バカにできません。

よくある勘違いが、データ=デジタルという発想。これがアレルギーの原因だったりします。「俺は直感派」と言いたい年頃の男性にありがちな罠です。

データの意味は、

それをもとにして、推理し結論を導き出す、または行動を決定するための事実。資料。
goo辞書

データとは事実なのです。

我々は事実に基づいて、推理して結論を導いていくのです。空想でも妄想でもありません。

重賞で過去の傾向チェックが重要な理由

重賞予想で過去データが活きる理由は、条件が毎年一緒だからです。一部のレースを除いて、コースや時期が毎年同じですよね。あとは出走メンバー、天気・馬場・枠順が同じであれば全く一緒。

そしたら結果も同じような感じになるでしょ?という大前提があるのです。

一番重要っぽい要素である出走メンバーだって、そう違いはありません。

だって馬なんですから。

日本ダービーの出走メンバーは、去年はサルで今年はトリで・・・って干支じゃないんだからそんことはありえなくて、競馬は毎年サラブレッドが走ることになっています。

しかも、進化なんてしてない。生物的な構造は10年やそこらで変わりませんから、ほぼ同じ生き物が走るとみなして良い。

だから、まずは過去の傾向を一生懸命振り返るのです。

確認すべき共通点

人気に推されて凡走した馬と、人気以上に走った馬の共通点を探します。確認するべき項目は以下の通りです。

  • 血統
  • 前走レースのクラス
  • 前走レース(前々走レース)着順
  • 前走レースからの間隔
  • 前走上がり3ハロン順位

要は、枠はどこだったの?血統はどうなってるの?で、そいつは前走どこで何をしてたの?を確認するのです。

枠は超重要です。競馬新聞の予想がなかなか当たらないのは、枠順が出る前に印を打っているから。それくらい枠は重要です。

中には例外もありますが、基本的に競馬は内枠有利。人間の陸上200mはセパレートコースでスタート位置をずらしていますが競馬にはそれがありません。

弱い馬が穴を開けるパターンの大半は、内枠でセコく立ち回る戦法です。逆に、人気馬が凡走するのは外枠に入ったときが多い。

外枠に入った人気馬が毎年バンバン勝つレースはそもそも荒れ難いので、無理しない方が良いでしょう。

血統

父、母父、母母父まで見ておけば十分だと思います。

逆に細かく見すぎると共通点がなくなってしまう…。

「あ、こいつキングマンボ入ってるじゃん」っていう理由だけで買っても当たることがあるのが血統馬券の良いところ。

1番人気で勝った馬の血統を見てもあんまり意味がありません。あくまでも人気薄の馬の血統を見るってところがミソです。

前走レースのクラス

前走条件戦から勝ち上がってきたのか、重賞を使っていたのか。

勢いが大切なのか、格がモノを言うのか。

前走レース(前々走レース)着順

穴を開けた馬のリズムはどうなっていたのかチェックします。

凡走からでも巻き返せるのか、着実に成績を残してきた馬が良いのか。

例えば、日本ダービーは前走着順が良い方がいいレースですが、有馬記念なんかは凡走からの巻き返しが多いですよね。

前走レースからの間隔

間隔を開けても大丈夫なレースか、ある程度詰めて使っていた方が良いのか。

「中4週までは良いけど中5週はアウト」みたいな機械的な判断はしません。

仮にそうなっていたとしても、「じゃあなんでそうなってるの?」ってとこまで考えたい。

前走上がり3ハロン順位

鉄板のツール。上がり3ハロン順位。

穴を開けている馬がみんな前走上がり3位以内。なんてことはよくあります。

それで前走着順が悪かったりして人気の盲点になっていたら臆せず狙いましょう。

まとめ

凡走した人気馬と好走した人気薄の共通点探し。これさえやれば、巷に溢れる穴予想家の予想なんか参考にしなくても、自分で穴馬にたどり着くことが出来ます。

ある意味機械的な作業なので、けっこう楽です。だんだん慣れてくると、自分なりの理屈が出来上がってくると思います。

  • 血統
  • 前走レースのクラス
  • 前走レース(前々走レース)着順
  • 前走レースからの間隔
  • 前走上がり3ハロン順位

「ボルトがなぜあんなに足が速いのか。肉体と精神を徹底解明」よりも、「為末大がなぜメダルを獲れたのか」を研究しようということです。

あくまでも、「穴馬」見つけるためのチェック項目です。当たる保証はありません。そんなに簡単に当たったら穴馬とは言いませんよ・・・。

スポンサーリンク