マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

ジャパンカップのクソ予想。予想は単純。でも屁理屈はこねくり回してます。

     競馬予想

イトウの馬名の由来って、伊藤博文らしいです。

日本で言うところのリンカーン方式ですね。
そのうちイエヤス、ノブナガ、ヒデヨシ、サカモトとか出てくるんでしょうか。

有名な外国馬だと2001年の英ダービー馬ガリレオがいますね。その息子にオーストラリアというのがいますが、あのネーミングセンスはどうなんだと思います。

馬の名前ってすごいですよね。
偉人そのままパターンだろうが、街の名前だろうが、食い物だろうがすぐ慣れて違和感なく受け入れられてしまいます。

ところで、ジャパンカップは誰が逃げるんでしょうか。

カレンミロティックぐらいしか思いつきません。十中八九スローペースですよね・・・

スポンサーリンク

ジャパンカップKUSO予想

◎ミッキークイーン
◯ラブリーデイ
▲ワンアンドオンリー
☆カレンミロティック
△アドマイヤデウス
△ショウナンパンドラ
△ゴールドシップ

◎ミッキークイーン

普通に考えてこれだろ、という感じです。他馬との比較を考えてもこれが妥当な気がします。
3歳牝馬、ディープインパクト産駒、なぜか疲れ知らずの池江厩舎。浜中も決め打ちしやすい枠順。
しかし、出遅れそうだし、取りこぼしそうだし、ジェンティルドンナのせいで人気があるし、いいことなしです。それでも頑張ってくれると信じて◎。

ゴールドシップが捲ったとしても、被害がないはず、いやむしろプラス。ただ、スタート前の情熱的なアピールは怖いですね。隣だし。

穴馬はみんな実績馬というのはひとつポイントだと思うので、気になるジャングルポケットは無視します。

負けるとすれば、3歳時のウオッカみたいに4、5着になりそうです。タフさが売りのウオッカが、アクシデント続きで、内有利のぬるい展開で4着までこれたことを考えると、むしろ逆の性質を持っているディープインパクト産駒は、今年のメンバーなら差し切るんなじゃないの?っていう予想です。

バレているから人気。でも来るもんは来る。っていうパターンです。

☆カレンミロティックも面白いんですが、もし彼が勝ち切ってしまうのならば、東京2400mを王者決定戦として設定しているJRAの考え方が根本から間違っていることになってしまいます。だから☆
ちょっとモヤモヤするんですが、この雰囲気、わかりますよね?

東京に実績があって、かつトニービンが・・・と言い出すとワンアンドオンリーしかいません。
しかし、近走の走りを見ているとちょっとおかしい。着順が悪いだけじゃなくて、あまりにも酷い。最近長く走ったダービー馬エイシンフラッシュや、父ハーツクライのような爆発の一歩手前の闘志、雰囲気を感じません。

格の話で言うと、4歳以降GⅠを勝っているダービー馬(3冠馬除く)は4歳の早い時期にGⅡ勝ちかGⅠ2着をクリアしています。(トウカイテイオー、スペシャルウィーク、エイシンフラッシュしかいないんですけど・・・)

4歳以降、勝つわけでもないのに中途半端に馬券に絡み続けるやつなんて皆無なんです。そういう意味ではワンアンドオンリーはタヤスツヨシと言われても仕方がない・・・。

でも、そんな自分の解釈が間違っている、というの理屈で本命にするのもありだとは思います。条件が揃っているのに人気無いし。

天皇賞秋で上がり上位の馬は?

一番重要なスッテプの天皇賞秋ですが、ここで負けていても上がり5位以内なら狙えるというデータがあります。

でも、該当するアドマイヤデウスとショウナンパンドラは東京での実績がなくかなり微妙なラインです。どちらも府中が最高!という馬には見えませんし。

ペルーサを該当馬として扱うのはそれこそデータ派がバカにされる原因を作りそうです。それこそレース見ろよっていう感じ。これで来られたら面白いですけど(^ ^)

ラブリーデイに死角なし?

東京2400mが最高という馬ではないでしょうけども、他にいい馬がいません。

テイエムオペラオーはジャングルポケットがいれば負けますけど、いなければ普通に勝ちます。そういうことだと思うんです。

適性はさておき、最近の勢いとか色々考えると吹っ飛ぶ確率はかなり低いと思います。勝ち切るとも思えないので◯。

予想は最終的に選択になる

ある程度色んな予想方法を覚えると、競馬の予想は予想というより選択になります。

ラブリーデイは強いんだから逆らっても仕方がないと結論付けるか、JCの傾向に当てはまるミッキークイーンを選ぶ論理に身を委ねるか、ワンアンドオンリーの復活、あるいはカレンミロティックが展開の利を活かして押し切ってしまうことに賭けるか。

海外馬にしても、よくわからない事故に賭けるか、それに見合わない存在かどうか、みんな散々考えて買ってないだけですよね。これも予想というより選択です。

だから、一生懸命自分の中にあるMの法則や血統の知識を総動員していくつか想定されるレース結果をあれこれ挙げた後は、最後にちょろっとそのパターンの中のどれを選ぶかだけだったりします。

つまらないと言えばつまらないんですが、そんなもんです。

よく「選択ミス」なんて言葉が聞かれますが、発想としては上のような考え方で予想しているから出てくるのだと思います。
競馬予想にミスもクソもないだろうという意見もあります。それはすごくわかります。

昔の話ですけど、天皇賞秋でトウカイテイオーに10万突っ込んで天に召されそうになったとか、オグリキャップの有馬記念で全財産突っ込んで大儲けしたんだけどそれよりオグリの復活が嬉しく泣いたとか、羨ましいです。

今でもそういう気分で馬券を買っている人は確実にいるんでしょうけど、昔よりは少ない気がします。

グサッと来る金額で競馬を楽しむのもまた乙ですが、私のような小市民の場合、馬券は「いかに出し抜くか」というゲームになっています。

だから散々クソ予想だのクソ展望だの書いているわけですが、これはこれで面白いのです。

◎ー☆までの4頭で決まって欲しいです。ラブリーデイ飛ばないかな・・・

ジャパンカップ出走馬の格と血統一覧

馬番馬名父(注目の血)
1ラブリーデイS1キングカメハメハ
(母母父トニービン)
2トリップトゥパリスー(S1)Champs Elysees
(父父デインヒル)
3ワンアンドオンリーA2ハーツクライ
(父母父トニービン)
4ジャングルクルーズジャングルポケット
(父父トニービン)
5ペルーサB1ゼンノロブロイ
6ラストインパクトA2ディープインパクト
7ショウナンバッハステイゴールド
8イラプトー(S1)Dubawi
(ミスプロ)
9ダービーフィズB1ジャングルポケット
(父父トニービン)
10サウンズオブアースA3ネオユニヴァース
11ミッキークイーンB1ディープインパクト
12ゴールドシップS1ステイゴールド
13ヒットザターゲットA3キングカメハメハ
(母父グレイソヴリン系)
14イトウー(S1)Adlerflug
(サドラーズウェルズ)
15ショウナンパンドラA3ディープインパクト
16カレンミロティックA1ハーツクライ
(父母父トニービン)
17アドマイヤデウスA2アドマイヤドン
(父母父トニービン)
18ナイトフラワーー(S1)ディラントーマス
(デインヒル)

関連記事
ジャパンカップのクソ展望①。日本馬編

ジャパンカップのクソ展望②。外国馬編

ジャパンカップ過去5年データ・穴馬の傾向

スポンサーリンク