マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

ジャパンカップ・クソ回顧。豊マジックはアマゴワクチン的

 2016/11/28      競馬回顧

キタサンブラック、強かったですね・・・w

◎ルージュバックとか、まったくもってクソ予想でした。

スポンサーリンク

ジャパンカップの結果

1着△キタサンブラック
2着 サウンズオブアース
3着▲シュヴァルグラン
4着 ゴールドアクター
5着◯リアルスティール
6着☆レインボーライン
・・・
9着◎ルージュバック

ルージュバックはやはり馬群がダメ、外に出すタイミングも作れずダメ、そしてそもそも足りないってことなのだと思います。

個人的に今後、気をつけたいのはサウンズオブアースみたいな馬は舐めちゃいけないってこと。デムーロ騎手のデータクラッシャーな部分、つまり勝負強くて上手いってところは、予想の最後に他の要素を無視してもう一度精査するべきだと思いました。

キタサンブラックはアマゴワクチン

みどりのマキバオーにアマゴワクチンというライバル馬がいます。オーバーペースと見せかけて実はスロー、スローと見せかけて実はオーバーペースみたいな他馬を惑わす逃げが得意なのです。あれを思い出しました。

向こう正面では最大5馬身(言い過ぎ?)くらい離して逃げたキタサンブラック。前半1000m通過は1分1秒7でした。馬場は多少重かったのかもしれませんが、古馬のGⅠですからそれほど早くありません。

これはまずい!と思ったのかどうかはわかりませんが、残り1000mの時点で後続は1馬身差まで詰め寄りました。

で、こっからキタサンブラックはじわじわスパート。単純計算ですが、キタサンブラックは残り1000mからのスパートですが、後ろの馬は残り1400mからのスパートになります。

そりゃあ最後苦しいんですよ。みたいな?

800-600が11秒9、600-400が11秒2、400-200が11秒4、200-0が12秒1。

これを交わすのは見た目よりもずっと大変。すべては武豊騎手の掌の上・・・。ということなのだと思います。

2番手3番手の馬がもっと早い段階でつつかないとどうしようもないでしょうね。

3歳最強世代説は・・・?

レインボーライン6着、ディーマジェスティが13着。これはしょうがないと思います。

「けっこう本気で狙う菊花賞」からジャパンカップのローテーションは大変。レインボーラインは心身ギリギリ感もありましたが、ステイゴールド的な根性で頑張りました。ディーマジェスティは身体が弱いみたいですし、体力的にこのローテーションに耐えられなかったのでしょう。

2頭ともしっかり休んでリセットして欲しいです。

牝馬はまず強くないといけない?

ビッシュはディープインパクト産駒の牝馬として注目を集めましたが、16着に敗れました。

秋華賞凡走でストレス抜けたとか、デビュー戦が重馬場で圧勝だったとか、買える要素があったのは確かですが結果的にこの負け方を見ると、普通に足りなかったと済ませておくのが無難な気がします。

ジェンティルドンナのように圧倒的に強いとか、デニムアンドルビーのように「脚力はあるが、どうも牝馬どうしでは噛み合わん・・・」みたいな馬が連続好走(着順じゃなくて内容的にです)している勢いのまま初対戦の古馬とぶつかるって形が理想なのでしょう。超結果論ですけど。

ルージュバックにしても、天皇賞秋はせめて掲示板に載るくらいに走ってないとダメだったのだろうと思われ・・・。

まとめ

有馬記念はキタサンブラックの好きにさせられない!

他陣営の奮起に期待します。

立ち上がれサトノノブレス!

スポンサーリンク