マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

ハービンジャー産駒の特徴。大外をぶん回す。揉まれずにパワーで押したい。

 2015/10/21      ダンチヒ系, ノーザンダンサー系, 種牡馬

2014年の札幌で華々しくデビューを飾ったハービンジャー産駒たち。

年末の阪神JFは”ロカ騒動”もありました。年が明けてからは・・・あれ?

スポンサーリンク

ハービンジャーの血統表(ニトロ指数付)

Harbingernitro-keisan
ニトロ指数:スピード3、スタミナ2、ダート0
M3タイプ:M系 LC(S)、L(SC)

父系:ダンチヒ系(ノーザンダンサー系)
母父系:ネイティヴダンサー系(ファラリス系)
母母父系:ノーザンダンサー系

代表産駒

・ベルーフ
・トーセンバジル
・ロカ
・カービングパス

ハービンジャー産駒の特徴、強み、弱点

量が豊富で体力もある。でも・・・という雰囲気です。
溜めれば切れる脚は使える、使えるんだけどなあっていう。

ある程度間隔を開けてフレッシュな状態で出てきた時が一番の狙い目です。
ベルーフやトーセンバジルの好走のタイミング、ロカがだんだん苦しくなっていったあの感じを見ていると概ねそんな解釈で間違いないと思います。

大外をぶん回して豪快に差してくるような形が理想。
馬群の中で溜めて、内枠からグイッと抜け出すような競馬に期待しないほうがいいでしょう。

ハービンジャーはストライドロスしたくない派

武豊騎手が以前、「競馬にはコースロスもあるが、ストライドロスもある」と武豊TVで言ってましたが、ハービンジャー産駒はまさにこのタイプだと思います。

物理的に有利だからといってインコースを通っても馬の気持ちが萎えてしまってはどうにもならないのです。

クラシックで結果を出すとしたら、広いコース。桜花賞、オークス、ダービーのどこかになるでしょう。
近年ダンチヒ系の血が有効な東京2400mで勲章が取れれば一気に評価も上がって波に乗れるんでしょうけどねえ。

  参考書籍:ウマゲノム版 種牡馬辞典2015-2016

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク

▲クソ種牡馬辞典もくじ(五十音)▲ ▲クソ種牡馬辞典もくじ(系統別)▲