マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

函館スプリントステークス&ユニコーンステークス・クソ予想。

     競馬予想

スポンサーリンク

函館SSクソ予想

◎キャンディバローズ
◯オデュッセウス
▲オメガヴェンデッタ
☆ティソーナ
△ソルヴェイグ
△エポワス
△ティーハーフ

行く馬は決っているし、有力馬はそれを追いかけるはず。なら短縮馬の走りごろ。
だけど、短縮で良さ気な馬も多く迷う・・・普通に難しいレースです。

◎キャンディバローズ。短縮、軽斤量で初混合戦。なんだかんだでサンデー系の長距離血統は馬券になる。のでディープインパクトであることはそれほど気になりません。シュプリームギフトで来れるんだから、キャンディバローズでも大丈夫だろう的な発想です。

オデュッセウスやオメガヴェンデッタは普通に走りそう。それだけ。

ティソーナ、ソルヴェイグもキャンディバローズと同じ理由。

ユニコーンSクソ予想

◎クインズサターン
◯ゴールドドリーム
▲グレンツェント
☆マイネルバサラ
△ピットボス
△ストロングバローズ
△イーグルフェザー

◎クインズサターン。前走圧勝。同コースのOPより速いタイムでした。ぐらいしか思いつきません。
前走OP、重賞組が強いレースですが、今年は普通に人気になってしまっています。なので別なところから常識的な範囲で攻めるしかなさそう。

1-6番人気馬が普通に走ってしまいそうな雰囲気。特に外枠に入った上位人気3頭は、簡単に切れる明確なマイナス要素がありません。

とはいえ、一生懸命探せばなにかしらの不安材料は出てくるものです。

1番人気のゴールドドリームは前走負けている。無敵じゃない。この手の馬は、1度負けても「その前の1戦が本来の姿だよね」みたいな話になりがち。

2番人気ゴールデンバローズ。じゃなくてストロングバローズ。2度の敗戦はどちらも東京。だけど今回は大丈夫と思われている。なぜ?

3番人気グレンツェント。前走短縮1着なので反動はあるはず。前半からサッと位置につける器用なタイプでもないので重賞でレースレベルが上がって困りそう。

うーん。これじゃあ足りませんね。あまりおすすめ出来ないレースだと思います。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク