マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

福島牝馬Sクソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

 2016/04/17      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

ピュアブリーゼ、フィロパトール、メイショウスザンナとここ3年は人気薄の激走しており、1番人気の信頼度もイマイチなので大荒れに期待して良いレース。

スポンサーリンク

福島牝馬S・過去5年データ

fukushimahinbas-data-2015-2011※2011年は新潟開催です。

穴馬の傾向

福島巧者

ローカル重賞の基本ですが、当該コースでの実績は重要。コースへの適正もさることながら、「春は良く走るとか」季節要因もあるので戦績を見る時は注意して見てみて下さい。

前走中山牝馬S

圧倒的な結果を残しています。ただ、数も多いので参考程度に。

人気馬の場合は信頼度アップ(とは言っても過大評価も多いで注意)、人気薄の場合は背中を押してくれる材料として見ておくぐらいがちょうどいいかもしれません。

短縮

条件戦からここに挑んで馬券になっているのは短縮馬ばかり。短縮というだけで評価を上げても良いくらい。

小回り1800mなのに行った行ったの先行決着ではなく、わりと出入りが激しい展開になりやすいのも短縮馬が上位に来やすい要因だと思います。

グレイソヴリン

無理してこじつける血統馬もいないんですが、敷いて挙げればグレイソヴリン系は注意。

昨年2着のリラヴァティと2012年2着のコスモネモシンは父と母父の組み合わせが一緒。たまたまでしょうけど。

あとはなんだかんだで1800mの重賞は母父サンデーサイレンスは注意が必要です。具体的にその馬を買うというよりも、「母父サンデーっぽい馬が狙いやすい」という雰囲気的な話なんですけども。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク