マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

富士ステークス・クソ予想。横の比較が難しいレースはどうするか

     競馬予想

富士ステークスは少頭数ながら面白いメンバーが揃いました。

5歳の皐月賞馬、4歳になった朝日杯チャンピオン、クラシックからマイル路線へ矛先を変えた3歳馬。

パッと見力関係の比較が全然わからない・・・この辺の1・5流の闘いをいかに見極めるか。相馬眼、予想力、馬券力が問われます。

スポンサーリンク

富士ステークス・クソ予想

◎ガリバルディ
◯ダノンプラチナ

「今日、何を選ぶか」という引きの強さを問われるレースです。

夏に重賞を勝ったヤングマンパワーとガリバルディ。小休止を挟んで勢いそのままに連勝するのか、はたまたやはり中央場所では実績馬に分があるのか。

いや、実績馬といいつつ3歳G1なんてたかが知れている。能力的には差はない、と見るか。

「前走菊花賞」に隠れてしまっているが、ミュゼエイリアンは1800mの毎日杯勝ち馬だからここで適正を見せるかも・・・。

短縮が良いレースとはいえ、東京マイルでアドマイヤムーン産駒を本命にするのは勇気がいるなあ・・・。

などなど色々考える訳です。

で、今日はガリバルディ。なんだかんだでディープインパクト。去年勝ってるダノンプラチナもディープインパクト。この期に及んで55kgのロードクエストは中山で楽勝した分、古馬混合の東京じゃちょっと落ちるのでは・・・そして、こいつこんなローテションでマイルCS勝つ気ないだろ・・・という淡い期待。

当たり前の話ですが、東京マイルは中途半端な武器しか持っていない馬は苦戦する傾向にあります。きちんと切れる脚を使えるか、本当に最後まで勢いをキープ出来るズボラさがあるか。その辺がポイントなんじゃないかと思います。

スポンサーリンク