マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

フワラーカップクソ展望。過去5年データ、穴馬の傾向。

桜花賞トライアルではないフワラーカップ。ややこしいですね。

昨年はアルビアーノがあっさり逃げ切ってクソレース認定されましたが、そこそこ荒れる楽しいレースです。

スポンサーリンク

フワラーカップ過去5年データ

flowercup-data-2015-2011

穴馬の傾向

ロベルト系強し

昨年はダメでしたが、ロベルト系が強いです。父か母父がブライアンズタイムかシンボリクリスエスがドシドシ来てます。

今年はゲッカコウ、シトロン、シャクンタラー、ボロスが該当。4頭しかいないので印も回しやすいですね。多分全頭出るのは無理だし。

中山実績重視

中山1800か2000mで好走したことがある馬が良いです。

ゲッカコウ、レドリュンヌ、ヨシノザクラ、バレエダンサーあたりが面白そう。

デカイ馬

スプリングSもそうなのですが、デカイ馬が好走しやすいです。これってデカイ馬が良いと言うよりも多分小さい馬がダメなのでしょう。

クラシックを目指す中で、徐々にふるいにかけられて、残った素質馬は結局身体がデカかった、みたいな。

スポンサーリンク