マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

フェブラリーS&小倉大賞典クソ予想

     競馬予想

東京地方は晴れ馬場はどこまで回復するか、気になるところです。

スポンサーリンク

フェブラリーSクソ予想

◎ロワジャルダン
◯ノンコノユメ
▲コパノリッキー
☆グレープブランデー
△ベストウォーリア
△アスカノロマン
△モーニン

なんだかんだで古豪健在、に寄った感じで。
◎ロワジャルダンは短縮実績もありますし、チャンピオンSの着差を考えれば普通にここで勝てるだけの能力もあるはず。
ノンコノユメはいつも思っている以上にいい走りをするので、無理に切ることは出来ません。

コパノリッキーも終わったかどうかまだわからない。むしろ終わってないはず。

☆グレープブランデーは前走根岸S組でも唯一こっちの方が合ってそうな雰囲気。

ベストウォーリアは実績があるし延長を嫌い過ぎるのもどうかと思うので。アスカノロマンは多くの人が言っていますが、アグネスデジタル産駒の短縮なので。

多少スローでも、それなりに底力を要求されるのがGⅠだと思います。
ぬるいレースになったとしても、それなりに適正がある馬がくるはずで、モーニンが能力にものを言わせて上位に来れたとしても他の1400mが得意そうな組はいないと思います。

とにかくロワジャルダン単複勝負で。馬連、3連複はよくわからん。

小倉大賞典クソ予想

◎ネオリアリズム
◯マイネルフロスト
▲アルバートドック
☆デウスウルト
△ダコール
△レッドアリオン
△ケイティープライド

土曜の小倉は短縮馬がけっこう頑張っていた印象です。ここも短縮組が強いレースなので素直に。
でも、内枠に人気馬が入ってしまいちょっとやりづらい感じ。堅く収まっても文句は言えません。

◎ネオリアリズムは前走掛かり気味で微妙な競馬。今回は短縮なので前走よりはマシになるはず。岩田騎手なので上手く捌いてくれば頭ひとつは出られるかな、と思います。6枠ならギリギリなんとかできるでしょう。

マイネルフロストやアルバートドックにこられてもつまらないので、実績があるキングカメハメハ産駒のデウスウルトに頑張って欲しいです。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク