マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

ファルコンSクソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

それなりに、いや、かなり荒れる楽しい重賞です。

この時期の3歳馬にとって、中京1400mの重賞で走らされる気分って、いったいどんなものなのでしょう。

将来の進路を迷っている2流馬と、既に人生(クラシック)をすっぱり諦めた潔い馬とのぶつかり合い。暖かく見守ろうではありませんか。

スポンサーリンク

ファルコンS過去5年データ

falcons-data-2015-2011

穴馬の傾向

前走重賞でまあまあ負けている馬

前走重賞といっても朝日杯FS、アーリントンCかシンザン記念ぐらいしかないのですが、そこで負けた馬が好成績です。

大敗はダメです。惜敗もダメ。そこそこいい感じに目立たないくらいの負け方が理想。

「マイルはダメだけど、実は1400mの才能がありました」パターンです。

ダイワメジャーが一度も馬券になっていないのが不思議ですね・・・

今年は朝日杯5着のシュウジが出走予定ですが、人気に応えてしまいそうで嫌ですね。

条件戦なら上がり3ハロン上位

条件戦から出走してくる馬も好成績です。

特にそこで上がり3ハロン上位(3位ぐらい?)の脚を使っていた馬は要注意です。

クロッカスSがダメ過ぎる

同じ左回りの1400mなのに、なぜこうもダメなのでしょうか??

同じ左回りの1400mだからダメなのです。

馬が飽きるというやつですね。

「前走東京1400mでよく走っているからこの馬は適正があるぞ!」という判断はファルコンSの予想においては間違いです。

血統・ダートで走るノーザンダンサー系

ダートで走るアメリカのノーザンダンサー系(濃い青)がやたら馬券になっています。

スタチューオブリバティが2回馬券になっています。あとはヘニーヒューズ、クロフネ。
レオンビスティーの母父もそうですね。

それ以外だと、ナスルーラ(グレイソヴリン)、ニジンスキーとかヨーロッパ長距離的なやつ。

なんで??1400mでしょ??という血統を狙うとよさ気です。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク