マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

フェアリーステークスのクソ展望。過去5年データ、穴馬の傾向

 2016/01/06      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

フェアリーステークスの過去5年データ、穴馬の傾向を紹介します。

だいぶ荒れてます。楽しみなレースですね。

スポンサーリンク

フェアリーステークス過去5年データ

fairlies-data-2015-2011

近走上がり3ハロン上位馬

3歳戦はだいたいそうなんですが、このレースも例に漏れず。とにかく上がり3ハロンで良い脚を使っている(3位以内がだいたいの目安)馬は高く評価するべきです。前走だけじゃなくて、2、3走前まで見ると尚良いです。

中でも1600m以上のレースを使われてきた馬に注意です。1400m以下のレースばかり使われているいかにも短距離向きで早熟な馬よりも、1600m以上を経験してきた厩舎期待のホープを。

冬の中山、若い牝馬のマイル戦ということでそれなりにタフでスタミナがある馬が強いのでしょう。

枠はあんまり関係ない

出遅れた馬が上位に来たり、差し馬と先行馬が入り乱れて上位を独占したり、難しいレースです。枠とか位置取りとかあまり気にしない方が良いと思います。

血統・キングマンボ

昨年の冬はキングマンボ、キングカメハメハの血を持っている馬が大暴れしました。このレースもキングマンボは要注意です。

金杯の結果、当週の傾向はしっかりチェックしておきたいところです。

まとめ

狙いやすいのは、マイル以上、特に1800mとか2000mを使われてきた組でしょう。

スポンサーリンク