マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

エルムステークス・クソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

 2016/08/07      重賞データ・過去の傾向, 重賞展望

札幌ダート1700m。エルムステークス。

結構昔からあるので名前だけは有名ですが、なんかよくわからないレース。多分、中央場所に戻る9月に開催されていたからでしょう。9月半ばに札幌でやっているダート重賞。無理もないですよね・・・

今は8月に移って多少印象は変った気がします。

それなりに良いメンバーも出てくるんですけど、あんまり印象に残らない。不思議です。

スポンサーリンク

エルムステークス・過去5年データ

elm-stakes.2015-2011data

穴馬の傾向

適度に間隔を開けた短縮馬

人気薄で穴を開けた馬のほとんどが短縮。しかも、休み明けで人気の盲点になっているパターン。

マリーンS組も悪くはありませんが、特に良い訳でもなく、無駄に人気になるので狙うなら休み明け方面から。

前走重賞

前走中距離重賞を使ってきた馬が目立ちます。

条件戦やOPを勝ち上がってきた馬よりも、すでに重賞戦線で活躍していて、かつ前走凡走しているような馬。

つまり、普通に舐められやすい馬を買えば良いってことです。

頭数も少ないし、あとはあまり余計なことは考えずにフツーに予想した方が良いと思います。

どうでもいい話

岩田騎手が4勝。現在連覇中。今年はジェベルムーサで馬は連覇、本人は3連覇5勝目を目指します。

重賞になる前も合わせると横山典弘騎手が5勝、藤田騎手は3勝。

同じ人ばかりが勝つレースです。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク