マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

ダービー卿CTクソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

昨年は年度代表馬のモーリスが恐ろしい末脚で圧勝。度肝を抜かれました。

あの時点では怪しいとか思っていたのですが、まさか無敗で突き進むとは・・・モーリスには何度謝っても許してもらえないしょう。

基本的には荒れるレースなので思い切った馬券を買いたいところ。サトノアラジンやダッシングブレイズが人気になっていますが、どうなることやら。

スポンサーリンク

ダービー卿CT・過去5年データ

derbykyoct-data-2015-2011

穴馬の傾向

前走1着~5着

バカみたいな話ですが侮りがたし前走1着馬。人気以上に好走する馬を複数頭送り出しています。

出走馬のメンバーによる部分も大きいですが、前走準オープンを勝ってきた勢いは伊達ではありません。

対戦メンバーが変わることで鮮度があることも要因のひとつ。この路線はグズグズの年寄りが多くなりがちですから自然と有利になるんでしょうね。

今年はインパルスヒーロー、キャンベルジュニア、マテンロウボスが該当。

加えて、もう少し範囲を広げると前走5着以内までもよく走っています。やはり勢い重視。大敗から巻き返したのはカレンブラックヒルとキョウエイストーム、ライブコンサートだけ。

ハンデが重い馬

57.5kgの馬が好成績。これは全てのハンデ戦に言えることですが、ハンデが重い馬は強いです。

日本のハンデキャッパーは世界一。彼らが悩み抜いて0.5付け足したということは絶対に無視できない馬である証拠。

とかいって、今年は『0.5』がいません・・・ロゴタイプ、クラレントが58kgを背負います。高齢で勢いもないですが、まだ見限るのは早いでしょう。

前走上がり最速

みんながみんな好成績という訳ではありませんし、1番人気のモーリスとダイワマッジョーレが当てはまるのですが、それなりに強調出来る材料です。

他に推せる要素があるなら力強い後押しになります。

ダービー卿CT登録馬

アイライン 52.0
アルマワイオリ 55.0
インパルスヒーロー 56.0
エキストラエンド 57.0
キャンベルジュニア 54.0
クラレント 58.0
ココロノアイ 54.0
サトノアラジン 57.0
サンライズメジャー 56.0
シベリアンスパーブ 54.0
シャイニープリンス 56.0
ショウナンアチーヴ 56.0
ダイワマッジョーレ 57.0
ダイワリベラル 56.0
タガノブルグ 54.0
ダッシングブレイズ 56.0
テイエムタイホー 57.0
ニシノビークイック 52.0
ノットフォーマル 52.0
フラアンジェリコ 55.0
マジックタイム 53.0
マテンロウボス 55.0
ミュゼゴースト 55.0
メイショウヤタロウ 55.0
ヤングマンパワー 55.0
ロゴタイプ 58

スポンサーリンク