マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

中日新聞杯クソ展望。過去5年データ・穴馬の傾向

古馬の中距離重賞って楽しいですよね。

おなじみのメンバーで、勝手知ったるなんとやら的な。

だからといって当てやすい訳じゃないんですけど。

スポンサーリンク

中日新聞杯過去5年データ

chunichishinbunhai-data-2015-2011※画像はクリックで拡大します。

内有利?

外差しが決まることで有名な中京競馬場ですが、開幕週ですし内が有利になるケースはあって当然。

どっちに転ぶかわかりません。

余裕があるなら当日の傾向をサラッと見ておくぐらいはした方が良いでしょう。

前走5着以内

前走が有馬記念だったラブリーデイ以外は、馬券になった馬はみんな前走5着以内。

近走あまりにも振るわない馬はキツイです。

短縮

中京2000mなのでそれなりにタフ。短縮は走ります。

というか、この路線のローテーションを考えると前走は京都記念かAJCC、日経新春杯が多くなるのでそりゃそうだろうという感じ。

それらの馬が前走小倉大賞典とか、OP戦の馬よりも成績が悪かったらおかしいのです。小倉大賞典も成績は悪くないんですけど。

ディープインパクト

なんだかんだで人気以上に走りまくっているディープインパクト産駒。

いわゆる鈍足系の馬ばかりが馬券になっているのも注目。マーティンボロは違う気がしますが、ディサイファ、ラキシス、ダノンバラードは明らかにパワー寄り。

サトノノブレス、アルバートドッグは無難に走りそうですね。

 

競馬新聞を買わずに上がり3ハロンタイム&順位を調べるには

KLANは無料で使えるネット上の競馬新聞のようなものです。データベースも充実しており、各馬の血統が色分けでわかりやすく見られたり、上がりとテンの3ハロンタイムと順位を知ることが出来る便利なツール。

上がり順位は色んな媒体で知ることが出来ますが、テンの順位までわかるところは無料だとKLANだけです。

>>>無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
スポンサーリンク