マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

チャンピオンズカップ・クソ回顧。

     競馬回顧

ダートGⅠってのは本当に難しいですね。

ダートGⅠじゃなくても、それがたとえ芝GⅠでも、平場でも、というか、競馬は難しい・・・。

スポンサーリンク

チャンピオンズカップ・結果

1着 サウンドトゥルー
2着◯アウォーディー
3着 アスカノロマン
4着 カフジテイク
5着◎アポロケンタッキー

スタートから激しい先行争いが繰り広げられ、道中、4コーナーまで終始慌ただしい雰囲気全開。確かに差し競馬にはなったけどさ、こんな感じなの??という結果。

もう少しヌルっとした展開になってくれるかと思いましたが、見当外れもいいところでした。

◎アポロケンタッキーは速すぎてついていけなかったのでしょう。楽に追走できるとは思っていませんでしたけど、あそこまでノロノロするとは・・・ブンブン振り回されて最後はどーっと伸びて5着まで来ましたけど、これじゃあ厳しいですよね。距離延長&地方なら大躍進できるはず。

サウンドトゥルーとカフジテイクは昨年のノンコノユメとサウンドトゥルーみたいな感じで、進路取りが明暗を分けましたね。

2年連続差し決着になりましたけど、アスカノロマンは3着に粘っているわけで、なんだか複雑なレースですね。展開でヤマを張るというよりも、コース実績&ローテーション的にパフォーマンスを上げそうな状況にある馬で、能力的な裏付けがとれるやつを中心に買うのが正解、かもしれません。

コパノリッキー、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、モーニンら2~5番人気が吹っ飛びました。色気を持って勝ちに行くとダメなんですかね・・・。四者四様の敗因はあるのでしょうけど、今思えば、臨戦過程&勢いはちょっとイマイチだったかも。

スポンサーリンク