マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

朝日杯フューチュリティステークス・クソ予想。ほら、やっぱりディープじゃん、を狙う。

     競馬予想

2週連続フランケル産駒がGⅠ制覇なんてことがあるのでしょうか。しかも牝馬。

お世辞にもトップクラスが集結とは言い難い牡馬のメンバー構成を見ると可能性は高そうなのですが、こんなに当たり前な感じで1番人気なら、とりあえず嫌っておきたいところ。

じゃあ誰がこいつを負かすのかというと・・・

いない。全然ピンと来ない。

もっと猛者に集って欲しいですよ。たしかに、昨年の1、2着馬リオンディーズとエアスピネルはクラシック本番で脇役でしたよ。なんか寂しかったですね。でも、じゃあここを「あえて」回避するような馬が大活躍するかというと必ずしもそんなことはないのです。ホープフルSに回った組も全然ダメでした。

だから、ダービーを目指す陣営はもっと積極的に参加してほしいです。

スポンサーリンク

朝日杯FS・クソ予想

◎サトノアレス
◯ダンビュライト
▲クリアザトラック
☆ボンセルヴィーソ
△ミスエルテ
△アメリカズカップ
△トラスト

外回りのマイル戦ですし、基本は差し決着を想定するでしょう。先行勢、およびインを上手く立ち回りたい弱い馬がバテる中、有力馬が外から襲いかかってきて一斉清掃。その後、漁夫の利的に道中死んだふりの穴馬が突っ込んでくる・・・そんなパターンです。

しかし、ミスエルテがコロッと負けることを前提に予想するなら、やはり前残りか・・・

前に行くのは、タガノアシュラかボンセルヴィーソ・・・

武豊騎手の偉業も見てみたいですが(来年は大阪杯もGⅠになっちゃいますし)、大逃げからの短縮をGⅠで狙うのはちょっと非常識にも程があります。ボンセルヴィーソはダイワメジャーなので「実は強かった」パターンもありそうです。

・・・しっくりきません。

やはりディープインパクト産駒を狙いましょう。サトノアレスです。フランケルにデカイ顔をさせておくわけにはいきません。クラシックを勝ち、海外GⅠを勝ったらもう怖いものは何もありません、ケチャップドバドバ理論で2週連続、いや有馬記念も含めて3週連続GⅠ制覇といきましょう。

ベゴニア賞勝ちはダノンプラチナと同じ。ちょっと気になるのはムーア騎手からの乗り替わり。外国人は基本その場での勝ちに拘って本気乗りをするので次走ガス欠を起こすパターンが多いです。まあ、でもそれぐらいです。あとは頑張れ。

対抗以下も、基本的にマイル以上をきちんと走ってこれる馬を中心に。でも、なんか絶妙な面々ですね・・・。

スポンサーリンク