マイ競馬&グレイト馬券

重賞の過去データや血統から穴馬を見つけて儲ける方法を紹介。Mの法則とダビスタで競馬の屁理屈を楽しんでます。

アドマイヤジャパン産駒の特徴。血統が良いので量はある。らしいです。

アドマイヤジャパンと言えばブエナビスタのお兄ちゃん。横山典弘を背に、菊花賞でディープインパクトを苦しめましたね。

スポンサーリンク

アドマイヤジャパンの血統表(ニトロ指数付)

Admire Japnnitro-keisan
ニトロ指数:スピード6、スタミナ7、ダート0
M3タイプ:L系 ⇨LC(S)、L(SC)

父系:サンデーサイレンス系(ヘイロー系)
母父系:ニジンスキー系(ノーザンダンサー系)
母母父系:サーゲイロード系(ターントゥ系)

アドマイヤジャパン産駒の特徴

種牡馬としての特徴は、L系なので間隔を開けてリフレッシュされた時に力を発揮します。普段の馬券の取り扱いとしては、個々の特徴をしっかり掴んだ方が早いんじゃないの?って感じです。

ダビスタを参考にニトロを調べて、ウマゲノムを初め他様々な種牡馬資料を漁って感じるのは、L系の多くは良血の根性なしと判断して、例外だけ考えればいいのだろうということです。

血統が良くてニトロが平均より高い(SP5以上)種牡馬の評価は、概ね気が良い、体力がある、でも混戦でちょっと弱い、みたいな感じに落ち着きます。完全に一致することはありませんが、現役時代の立ち位置を考えれば納得がいくのではないでしょうか。
結局。それぐらいしか言いようがないのでしょう。

新しい発見があったら追記していきます。

スポンサーリンク

▲クソ種牡馬辞典もくじ(五十音)▲ ▲クソ種牡馬辞典もくじ(系統別)▲